こんにちは、抹茶大好きRina(@matcha_love_trip)です☆
今回は西荻窪駅近くにあるベーカリー『amy’s bake shop』のご紹介です。

エイミーズベイクショップとは?

エイミーズベイクショップは、西荻窪で営業をしている焼き菓子の専門店です。
2010年にオープンし、10年目の2019年9月に現在の店舗へ移転をしました。

マフィンやパウンドケーキ、ブラウニーなど、アメリカの家庭の味をニューヨーク風におしゃれにアレンジしたものを提供しています。

お菓子関連の書籍も複数出版されています。

Amy’s Bakeshopでいただける抹茶メニューは?

こちらのお店で楽しめる抹茶のメニューは、以下の通りです。

・グリーンティーケーキ 400円
・ショートブレッド(グリーンティー2個入り) 320円
・ショートブレッド(グリーンティー6個入り) 1300円

どちらのメニューも、抹茶だけでなく粉茶が使用されており、抹茶だけではなかなか出せない、しっかりとした渋みを楽しめるのが特徴です。

オンラインショップからのお取り寄せも可能です。
公式サイトはコチラから↓↓

amys bake shopの店内の雰囲気は?

入り口正面のガラス張りのカウンターの内側には、マフィンやパウンドケーキなど、たくさんの焼き菓子が並んでおり、見ているだけでワクワクしてしまいます!
おそらく30種類以上のメニューが陳列販売されています。
(ショーケースは撮影が禁止だったため、写真を撮ることはできませんでした…)

入り口からみて左右の壁沿いには、テーブルが配置されており、イートイン可能です。

グリーンティーケーキのお味は?

緑色の綺麗なパウンドケーキが、グリーンティーケーキです。
抹茶ではなく、グリーンティーとはどういうことなのだろう?と疑問に感じていましたが、こちらには抹茶と粉茶が使われているそうです。

抹茶はとても繊細で、焼き菓子に使用すると香りや味が飛んでしまいます。
実際、しっかりした風味を持つ焼き菓子はとても少なく、出会うのがとても難しいんです。

こちらのお店では、苦みを補うために粉茶を使用しているそうです。

グリーンティーケーキは、しっとりしすぎず、パサパサもしていない絶妙な食感です。
パウンドケーキにしては、少し珍しい食感…!
ホロホロと口の中で崩れていくのが楽しめます。

口に含んだ瞬間に、お茶の香りが楽しめます。
ケーキは甘みもあるので、苦みがちょうど良く味を引き締めてくれていました。
苦すぎず、かといって風味が弱すぎない、ちょうどよい強さに仕上がっています。

香り高い紅茶ととてもよく合うスイーツでした。

抹茶度★★★☆☆
甘みーーー◎ー
渋みーー◎ーー

ショートブレッド(グリーンティー)のお味は?

ショートブレッドは、テイクアウトをして家で楽しみました♪
2つ入りの袋入りのものと、6個入りの箱入りのものが販売されています。

ショートブレッドは、サイズ自体は大きくないのですが、しっかり厚みがあるので食べ応えがあります。
お茶の茶葉が混ぜ込まれていて、緑色の粒のように見えます。
(碾茶なのか、通常の茶葉なのかは見分けることができませんでした)

サクサクというよりも、ホロホロ食感が楽しめます。
ボロボロ崩れやすいので注意が必要です!
茶葉の食感がアクセントになっており、ただのクッキーにはない食感を楽しめます。
噛めば噛むほど渋みが出てくるクッキーです。

生地に粉茶、後からかける粉糖に抹茶がブレンドされているそうで、味は抹茶よりも粉茶の要素が強く感じられました。
食べ進めるにつれて、口の中にお茶の渋みがだんだんたまっていきますが、もともとの渋みが強すぎないので、とても食べやすくなっています♪

抹茶度★★☆☆☆
甘みー◎ーーー
渋みー◎ーーー

おしゃれな焼き菓子を買えるお店

エイミーズベイクショップは、日本にいながら外国の雰囲気を感じることのできるカフェです。
パウンドケーキは特に種類が多く、約20種類ものバリエーションが用意されているようです。

お土産やちょっと贅沢したい日の朝食などに、ピッタリの商品だと思います♪

注文したもの&感想

ショートブレッド(グリーンティー) 320円
グリーンティーケーキ 400円
ダージリン 380円

抹茶度★★★☆☆
甘みーー◎ーー
渋みーー◎ーー
ボリューム★★★☆☆
抹茶メニューの多さ★★☆☆☆

関連ランキング:洋菓子(その他) | 西荻窪駅

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、半年でフォロワー20倍の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。