こんにちは、抹茶大好きRina(@matcha_love_trip)です☆
今回は表参道にあるカフェCBC coffee&beef carnevaleのご紹介です。

CBC coffee&beef carnevaleとは?

CBC cafeは、表参道の骨董通りから1本奥に入った場所で営業をしています。
店名のCBCは、Coffee、Beef、Carnevalの3つの言葉の頭文字に由来しており、“コーヒー(Coffee)と肉(Beef)に人が集い、楽しい時間(Carneval)になれる場所”という願いが込められているそうです。

ポリシーにペットフレンドリーを掲げており、カフェのテラス席はペット同伴での利用が可能です。

カフェの入り口奥には秘密の扉があり、KINTAN IN THE HOUSEというレストランが営業しています。
レストランも小型犬であれば、一緒に入店することができるそうです!

カフェは朝8時の早い時間から営業していますが、レストランは11時からなので注意です!

シービーシーコーヒーアンドビーフカーニバルでいただける抹茶メニューは?

シービーシーカフェで確認できた抹茶のメニューは以下の通りです。

・抹茶ラテ 650円
・抹茶エスプレッソラテ 680円
・抹茶とエスプレッソのダブルアフォガート 580円

今回の訪問では、アフォガートをいただいてきました。
カフェのスイーツメニューでは自家製クッキーのアイスサンドが人気で、緑のアイスが挟まれたものも見かけますが、こちらは抹茶ではなくピスタチオアイスです。

表参道CBCカフェの店内の雰囲気は?

CBCには、店内席とテラス席があります。
テラス席はもちろん、店内席も自然光がたっぷりと入る明るい雰囲気です。

1つ1つの席が大きくないため、1人もしくは2人程度での利用が便利です。
カフェは朝8時から営業、Wifiも用意されているので、ちょっとした作業にもお勧めです。

抹茶とエスプレッソのダブルアフォガートを実食!

今回選んだのはアフォガート!
お濃茶とエスプレッソの2つの味を楽しむことができます。

抹茶ソースはシロップなのかな……と予想していましたが、なんとお濃茶!!
しっかり濃厚な抹茶の風味があります。
そのままいただくには苦いですが、アイスにかけるとちょうどよいバランスになります♡

抹茶が少しダマになっていますが、アイスにかけるため特に気になることはありません。
アイスにはナッツが散らされており、食感の変化がとても良き♡

エスプレッソも甘さはつけられておらず、甘すぎるものが苦手な私にはちょうど良い仕上がりでした♪

抹茶はとろみがありますが、エスプレッソは粘性がなくサラサラしているため、一度かけると全体に広がってしまいます。
最初に抹茶、後からエスプレッソをかけて楽しむのがオススメです。

少人数のちょっとした休憩にオススメ!

CBCはスタイリッシュさと落ち着いた雰囲気の両方を兼ね備えています。
学生さんも、オトナの方も、くつろげるお店だと思います。

ちょっとした空き時間や、表参道での休憩におすすめです。

注文したもの&感想

抹茶とエスプレッソのダブルアフォガート 580円

抹茶度★★★★★
甘みーー◎ーー
渋みーーーー◎
ボリューム★★☆☆☆
抹茶メニューの多さ★★☆☆☆

関連ランキング:ステーキ | 表参道駅渋谷駅明治神宮前駅

The following two tabs change content below.
抹茶スイーツオタク。 全国500店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、1年でフォロワー100倍の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。