こんにちは、Rinaです☆
今回の記事では、サンフランシスコの滞在中に見つけた、日本人の舌に合う美味しいお店をまとめてご紹介します。

予算の記載は、1人当たりの目安になります。

テイクアウトもOK!お手軽レストラン

Poke Bar:海鮮丼

ハワイ発祥のポケのお店です。
一応アメリカの料理ではあるのですが、変わり種の海鮮丼という感じで、日本食に近い雰囲気があります。

海鮮と野菜を選び、ソースを絡めてご飯もしくは葉野菜の上にのせたものが提供されます。
Sサイズで十分にお腹いっぱいになる大きさです。

テイクアウトもしくはお店の前のカウンターでいただくことができます。

予算:$15

Super Duper Burgers:ハンバーガー

アメリカのソウルフードと言えば、やっぱりハンバーガー!
ハンバーガーと言えば、サンフランシスコ発祥のIn N outなのですが、味だけを比べるのならば、スーパーデューパーの方が日本人にはウケがいいようです。

ハンバーガーのサイズは2種類ありますが、小さいミニバーガーの方で日本人的には十分な食べ応えだと思います。
ミニとはいっても、日本の通常サイズと同じ大きさです。

予算:$10-20

Lee’s Deli:中華料理

中華料理の量り売りのお店です。
基本的にはテイクアウトとなりますが、小さいイートインコーナーがある店舗もあるようです。

野菜から肉料理、米類、点心まで好きな種類のものを好きなだけ選べるため、お腹の調子や食べたいものに合わせてメニューを決められます。

予算$10-15

Gioia Pizzeria:ピザ

ピザ一切れは、日本のものの約2倍の面積があります。
大きさにまずびっくりされるかと思います。

生地が薄くて軽いため、見た目よりも簡単に食べてしまえます。
空腹時であれば、2枚くらいは食べられるかもしれませんが、かなり恐ろしいカロリーになるためご注意ください。

予算:$10

El Farolito:メキシカン

タコスやブリト―など日本ではあまり見かけないメキシカンフードが食べられます。
サンフランシスコ中心街には、CHIPOTLE(チポレ)というメキシカンのチェーン店がありますが、そちらとは比べ物にならない美味しさです。

お店は汚いですが、味は保証できるお店です。
カードは使えず、現金のみの支払いになりますので、ご注意ください。

予算$10

ロマンチックでデートにも使えるレストラン&バー

Mona Lisa Restaurant:イタリアン

ノースビーチエリアにあるイタリアンのお店です。
さすがイタリア人街のお店、パスタが本格的で美味しいです。

アメリカのアバウトさは感じられず、繊細な作りになっています。
パスタ1人分を他の部分にはとんでもない量の提供はありません。

予算:$30

Fog Harbor Fish House:シーフード

フィッシャーマンズワーフのピア39の中にあるシーフードのお店です。
海を見ながら食事ができ、とてもロマンチックでデート向きのレストランです。

サンフランシスコ名物のクラムチャウダーもいただけます。
詳しくはこちらのレビューもご覧ください。

予算:$50

Cityscape Lounge

ヒルトンサンフランシスコユニオンスクエアの46階にあるバーです。
ヒルトンはサンフランシスコ中心街に3軒ありますが、こちらのバーが入っているのはオファレルストリート沿いにあるホテルになります。

さすがの高層階で夜景がとてもきれいで、値段もリーズナブルです。
ディナー後の2軒目として使いたいお店です。

予算:$15

観光の合間の休憩に!甘すぎないデザートが食べられるカフェ

Dandelion Chocolate:チョコレート専門店

中心街からほど近いフェリービルディング、そしてミッションエリアに店舗があります。
ミッションのエリアの方がお店が大きく、イートインコーナーもあります。

フェリービルディングの店舗にはないのですが、チョコレートパンナコッタがおすすめです。

Family Cafe:日本食カフェ

日本の喫茶店に影響を受けているカフェです。
カレーやカツサンドなどの軽食、抹茶やほうじ茶などの日本のカフェメニューが楽しめます。

日本人シェフがいるため、日本”風”ではなく、しっかりとした日本食がいただけます。
詳しくはこちらのレビューもご覧ください。

予算:$10

おまけ:郊外だけど忘れられない味のレストラン

水餃家園:中華料理

サンフランシスコから南に移動した郊外のお店なので、少しアクセスが難しいのですが、忘れない美味しさでしたのでご紹介します。
中国と同じクオリティの本格的な料理が食べられるお店です。

水餃子がウリで、日本とは異なるもちもちした皮を楽しめます。
詳しくはレビュー記事もご覧ください。

予算$20

サンフランシスコで楽しいお食事を!

サンフランシスコは美味しいものが多い地域ではありますが、やはり日本人の口には合わないものもたくさんあります。
今回ご紹介したお店は、どれもまた行きたいと思う間違いのないお店ですので、是非参考にされてくださいね♪

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。