こんにちは、Rinaです☆
今回は、サンフランシスコで訪れたアイスクリーム専門店『SALT&STRAW』をご紹介します。

SALT&STRAWとは?

SALT&STRAWとは、サンフランシスコだけでなく、ポートランド、ロサンゼルス、サンディアゴ、アナハイムなど様々なエリアにお店を展開しているアイスクリームショップです。

今回は色とりどりのかわいらしい建物が連なっていることで有名なエリア、ヘイズバレーのお店に行ってきました。

21時半ごろに訪問したのですが、たくさんの人が並んでおり、人気店なのが分かります。

全てのフレーバーを試食可能!

こちらのお店のアイスは1つがテニスボール大です。
そんなに大きいのに、好みじゃなかったら、甘すぎたらどうしよう?と思っていました。

ですが、こちらのお店ではすべてのフレーバーが味見可能です。
味見をしてみて、気に入った味を注文することができるので心配無用です。

味見の際にはスプーンに山盛りの量が渡され、味見でこんなにくれるの?とびっくりしました。
しかも、全種類味見した挙句に、何も買わない人もいたというのだから驚きです。

カウンターの下に使用済みスプーンを入れる穴があるので、食べ終わったらそこに入れます。
フレーバーごとに新しいスプーンで手渡してくれます。

お得なSplit Scoop(ハーフ&ハーフ)を注文

アイス1つがテニスボール大と聞いて、絶対にダブルは食べられない!と確信して、シングルを選びました。
シングルに追加で$0.5を払うことで、テニスボール大1種類から小さいサイズのもの2種類に変更することができます。

これはお得!と思い、Single+Split Scoopを選択しました。
ちなみにScoopとは、アイスをすくうときに使うおたまのようなものを指すようです。

BREAKWAY MATCHA W/KOJI FERMENTIONED BLUEBERRIES(抹茶+ブルーベリーソース)

一つ目はもちろん、抹茶を選びました。
抹茶アイスの部分は、日本でよく食べる抹茶アイスと同じくらいの甘さです。

抹茶の風味は弱く、ハーゲンダッツと比べても残念ながら濃厚さで劣ってしまいます。
でも海外でも抹茶を食べるってところに意味があるんだよね☆

抹茶アイスの甘みが控えめな分なのか、ブルーベリーソースはかなり甘めに作られています。
ジャムとかよりもずっとか甘いと思います。

抹茶とブルーベリーの組み合わせはあまり日本では見ないですし、ミスマッチかと思いきや、意外に相性ぴったんこ☆
もう少し甘さ控えめならなお良かった(笑)

でも甘いとは言ってもSugar!Sugar!Sugar!という感じのしつこい、強ーい甘さではないので、おいしいと評価できました。

MT TAM CHEESE W/TOASTED ACME BREAD(チーズ)

チーズのアイスクリームに、パン?が混ざっているようです。
チーズは濃厚でとても美味しく、混ざっているよくわからないものもアクセントになっていました。

こちらも甘いは強いですが、日本のコージーコーナーと同じレベルの甘さなので、甘党の方であれば美味しくいただけると思います。
抹茶のフレーバーよりもチーズフレーバーの方が美味しいと感じました。

Waffle Cone(ワッフルコーン)

店舗に入るなり、香ばしいいい匂いがしたんです。
なにかなーと思っていたら、ワッフルコーンを焼いているにおいでした。

入店時から期待を膨らませていましたが、実際食べてみてもパリパリで、アイスのおまけというよりも主役級の美味しさでした。

22時のおやつだったため、少しでもヘルシーにしようとコーンなしで頼んだつもりだったのですが、友人にそれはダメだ!と勝手に注文され、アイスの上に刺さる形になりました。
通常はワッフルコーンの上にアイスがのります。

ボリュームたっぷりで大満足のアイス

SALT&STRAWのアイスは、アメリカンなビックサイズでとてもとても量が多いです。
シングルの大きさでワッフルコーンをトッピングしたのですが、とてもとても一人で食べられる量ではありませんでした。

日本の方であれば、今回私が頼んだものを2人で1つ注文して食べるか、食事の代わりに食べるかの選択をお勧めします。
間違っても食後に1人1つずつ頼むものではありません(笑)

人通りもありますが、夜の治安はあまりよくない地域です。
いらっしゃる際には十分注意をしてください。(ホームレスに金をくれと話しかけられました)

注文したもの&感想

Single $5
Split Scoop $0.5
Waffle Corn $1.25

抹茶感★☆☆☆☆
ビジュアル★★★★★
おいしさ★★★☆☆
再訪希望★☆☆☆☆

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。