こんにちは、抹茶大好きRinaです☆
現在、インドネシアはバリ島のおしゃれ地区チャングーに滞在しています。

知人からチャングーの『Warung Gouthe』というお店には、抹茶のケーキがあるらしいとの情報を得ました!
これは抹茶好きとして見逃せない!!

早速食べてきましたので、ご紹介したいと思います。

Warung Goutheを発見☆

バリ島を歩いていると、『Warung』という単語をよく見かけます。
これはインドネシア語で屋台とか食堂という意味なんだそうです。

名前にWarungとつくお店の多くは、安くてローカル向けですが、こちらのお店は外国人向けのおしゃれなカフェでした。

お店は木が生い茂っている中にあります。
そのおかげか、オープンカフェではありますが、涼しい店内でした。

人気のお店で次から次へ人がやってきますが、程よい混み具合で満席にはならないため、ゆったりすることができました。

正面には、田んぼが広がっています。
カフェの席には、コーヒー殻が入ったカップが置かれており、いい香りがします。

抹茶クランブルを注文!

私には少し甘いかもしれないと事前に忠告はされていましたが、抹茶ラバーとして海外抹茶スイーツを試さないわけにはいきません!
ハズしたらそれはそれで楽しいだろう!と思ってトライしてきました(笑)

アメリカで現地の抹茶スイーツは、大体ハズレだったけど、バリはどうだったのか!?

メニューからは…抹茶スイーツを見つけられませんでした!笑
店内のショーケースにあったのかもしれません。
事前情報で53kルピアと聞いていたので、写真を見せながら注文しました。

タルトケーキにフォークがぶっ刺さって出てきてびっくり!
綺麗な緑色のタルトでした♡

抹茶クランブルのお味は?

抹茶クランブルは、緑色の層、柔らかめのタルト生地、中間の層と3つの層でできていました。

上の緑色の部分は抹茶の風味が少しします。
人工的なシロップの苦みのようなものも感じられます。
でも砂糖だけではなく、何かスパイスも入っている?

不思議な味です。
私には何が入っているのか全く分かりません。
抹茶なのかどうかもわかりません(笑)

下はチョコレート?
本当に何が入っているのか全くわかりません…

総じて不思議な味!
甘みも私には強すぎますし、おいしいとは言えない味でした。

やっぱり海外では、抹茶スイーツはあきらめて、はずさなさそうなものを頼んだ方がいいなあと思います。
このお店ではフレンチトーストが一押しだそうです♡

サラダは文句なしに激ウマ!

抹茶クランブルを注文する前に、サラダとアイスコーヒーを注文していました。
まず驚いたのは、サラダの大きさです!

よくよく考えたら値段も高めだったので、妥当なのかもしれないけれど、3人前くらいの量が来ました。
手のひら2枚分より大きいお皿で提供されています。

葉野菜だけでなく、アボカドやトマト、インゲンなどたくさんの種類の野菜が入っており、卵、チキン、豆とたん白質もたっぷりでした♡

上にのっている白パンは、フランスパンのように見えましたが、ふわふわでしっとりしていました。
カッテージチーズが贅沢に山盛り乗っていて、塩気もちょうどよくおいしいです。

栄養も満点ですし、食感の違いもあって最後まで飽きずに食べられる一品でした。
下の方には、オレンジ色のソースが敷かれていて、何かはわかりませんでしたが美味しかったです♪

注文したもの&感想

CLOVIS(サラダ/ヴィーガンでないものを選択) 95k
MOCACCINO ICE(アイスカフェラテ) 40k
Crumble Matcha Caramel(抹茶のタルトケーキ) 53k
合計 18.8万ルピア

抹茶クランブルはもう頼まなくてもいいけど、サラダはまた食べにきたい♡

抹茶感★☆☆☆☆
ビジュアル★★☆☆☆
おいしさ☆☆☆☆☆
再訪希望★★★☆☆

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。