こんにちは、Rinaです☆

今回は静岡県浜松市のショッピングモール内にあるお店『chai cafe 前田園』をご紹介します。
過去に訪問した浜松市のオススメのお店はコチラです。

chai cafeってどんなお店?

chai cafeは、お茶専門店の前田園の店舗内の一画で営業しています。
店内には、2人掛けの椅子が4つあり、イートインも可能です。

イートインコーナーの壁には、日本茶に関する豆知識が掲示されています。
朝や夜などそのタイミングに対してオススメのお茶が、理由とともに説明されていた掲示物は特に興味深かったです。

茶葉はもちろん、お茶缶や急須などお茶を飲むのに必要なものが数多く取り揃えられています。

抹茶ではなく川根茶ソフトクリームがウリ

こちらのお店で気になったのが“濃緑(みどり)”という川根茶ソフトクリームです。
ソフトクリームはバニラ、ミックス、濃緑を選択することができ、すべてお茶のものが濃緑と名付けられてるようです。

こちらのソフトクリームは抹茶ではなく、大井川の上流で育てられた川根茶の粉末を使用しているそうなんです。

ソフトクリームの色だけ見れば、緑の色が薄く、濃厚なお茶の風味は期待できそうにありません。

本当に嬉しいことにその期待は裏切られるので、続きを読んでくださいね☆

いざ実食!

ソフトクリームがなめらかで舌触り抜群です!
これはおいしい!今まで食べたソフトクリームの中でもかなりの上位に入ります!

冷たさも強くないため、口の中や頭がが痛くなる事もありません。
これはいつまでも食べられる!3人前は食べられる!

そして肝心のお茶の風味ですが、後味に強く感じられます。
抹茶と川根茶の差でしょうか?

見た目の色からあまり期待していなかったのですが、期待を大きく超えるクオリティでした。
見た目以上に濃厚なお茶の風味を楽しめる逸品でした。

抹茶かんてんソフトが諦められず追加注文

川根茶ソフトクリームを食べ終わってから、メニューを再度見直し、“抹茶かんてんソフト”を見つけました。
あんみつ大好き、寒天loverな私としては、どうしても頼まないわけにはいかず、追加注文をしました。

2つ頼んでも合計660円!
東京であんみつ1つ頼むのと同じか安いっていう抜群のコスパですよ…
お財布にはなーんにも響かないからいいよね☆

ソフトクリームなんて半分空気だし、カロリーも低いし!(願望)

抹茶かんてんソフトの内容は、川根茶ソフトクリーム、抹茶寒天、白玉、つぶあん、みかんでした。
控えめの大きさで、ちょっとしたおやつに最適なサイズだと思います。

提供された時点で白玉はまだ温かく、作り立てのようでした。

抹茶寒天はかなり苦みの強く、大人向け、抹茶ガチ勢向けの味でした。
子供には少し食べづらい味かもしれません。

ですが、文句なしにおいしかった川根茶ソフトや粒あん、みかんなど甘いものと合わせて食べることでおいしくいただけると思います。
寒天はしっかりとした食感が心地よく、私にはストライクでした。

メディアにも取り上げられているお店

静岡県で有名な方のサインがいくつか飾られており、メディアによる取材も複数受けているようです。
値段をはるかに超えるクオリティのスイーツが提供されているお店なので、浜松市に訪れた際にはぜひ行ってほしいお店です。

注文したもの&感想

川根茶ソフトクリーム(濃緑) 300円
抹茶かんてんソフト 360円

抹茶感★★★★★
ビジュアル★★★☆☆
おいしさ★★★★★
再訪希望★★★★★

関連ランキング:アイスクリーム | 浜北駅美薗中央公園駅

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。