ついにアメリカから日本に帰ってきました☆
日本での一発目の抹茶スイーツは、浅草の『雷一茶』でいただいてきました♪

雷一茶とは?

雷一茶とは、浅草に店舗を構えるお濃茶スイーツ専門店です。
数年前から存在は知っていたものの、カフェを併設していることを知らず、初めての訪問となりました。

お濃茶とは、通常よりもたくさんの抹茶を使用した、味も色も濃厚な抹茶です。
茶葉の品質の良しあしが通常よりもさらに味に影響するため、苦みや渋みの強い下級品は適さず、上級品のみが使われると言われています。

こちらのお店でも、こだわりの一番茶のみを使用するというポリシーがあり、「良質な抹茶は苦くない」というキャッチフレーズを挙げています。
本当に苦みないのか、苦みがなくても抹茶の風味は死んでいないのか、実際に食べて確かめてきました^^

雷一茶の店内は和の雰囲気があふれる

お店に入ってまず感じたのが、和風の庭園のような雰囲気です。
赤い大きな赤い傘がかわいらしいですし、カフェののれんも和の雰囲気を演出しています。

「ザ・日本」のイメージが表現された空間で、観光で訪れた外国人に是非お勧めしたいと思いました。

店内にはお土産用のお菓子がたくさん

店内には、多数の抹茶のお菓子があり、一部は試食が可能です。
店員さんも親切ですぐに試食を進めてくれます。

面白いと感じたのが、『お濃茶 雷おこし』!
雷おこしは浅草名物ですし、抹茶とのコラボレーションが珍しいので、お土産にも良いと思いました。

私のお勧めは『お濃茶おまめ』!
優しい甘さの抹茶チョコレートの中に落花生が入っています。
中身は落花生なので、しつこい甘さがなく、いくつでも食べてしまうような商品です。

お菓子はどれも苦みが少なく、優しい甘さがあって、誰にでも食べやすい味だと思います。
海外土産にも良いと思います。

究極のお濃茶パフェを注文

今回は初めての訪問でしたので、全部盛りの『究極のお濃茶パフェ』を食してきました。
小さな傘がのっていて、見た目もすっごくかわいいです♡

こちらの傘、なんと開閉もできます。
希望があれば、お土産にもらって帰れると思います。

パフェの内容は、お濃茶ソフトクリーム、バニラアイス、おこし、お濃茶ダックワーズ、白玉、あずき、お濃茶わらび餅でした。

まずは濃い緑色が美しいお濃茶ソフトクリームから実食!
よく見る抹茶ソフトクリームとは、色からして全く異なりますし、濃厚さが期待できます。
見た目から少しはざらざらしているのかと思いきや、舌触りはとてもなめらかで、後味にほんのりとした苦みと抹茶の強い風味が来ます。
これはアメリカにはなかなかなかった…大好物で感動です。

アイスを食べる際に、おこしが張り付いてきて、サクサクの食感と優しい塩気がアクセントになります。
パフェにはよくシリアルが入っていますが、それの代わりでしょうか?
個人的にはおこしの方が合っていて美味しいと思います。
全国の抹茶スイーツ専門店には、シリアルの代わりにおこしを採用してほしいです♡

そして、抹茶ダックワーズ!
見た目から口の中の水分を持っていかれそうだなーと予想していましたが、しっとりとまではいかないものの、優しい食感でパサパサした感じはありませんでした。
ふんわり優しい砂糖の味とほんのり後味に抹茶が香ります。
こちらの品は苦みが全くなくて、抹茶loverの私としては、少し物足りないです。

白玉とあずきは期待を裏切らないお味です。
白玉はあたたかくはないけれど、固いわけではなく、もちもちでおいしいです。
あずきやアイスクリームと合う癖のない味だと思います。

お濃茶わらび餅は弾力があり、わらび餅というよりもゼリーに近い印象を感じました。
苦みがないですが、味もほとんどありませんので、優しい甘みのあるあずきと一緒に召し上がるとよいと思います。

確かに全体を通して苦みは少なく、食べやすいパフェでした。

欲を言えばバニラアイスはいらないような…(笑)
外国人への配慮かな?と思います。

注文したもの&感想

究極のお濃茶パフェ 1200円

日本は物価が安くていいなとしみじみ思った今日この頃です。

抹茶感★★★★☆
ビジュアル★★★★☆
おいしさ★★★★☆
再訪希望★★★☆☆

関連ランキング:日本茶専門店 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)本所吾妻橋駅

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。