こんにちは、Rinaです☆
サンフランシスコで友人に連れて行ってもらい、美味しいと思っていたお店が日本にもありました!

今回は表参道のダンデライオンのレビューをご紹介します♪

DANDELION CHOCOLATEとは?

サンフランシスコ発祥のチョコレート専門店です。
日本国内では2020年1月現在、7店舗が営業しています。
(なんとサンフランシスコよりも日本の方が店舗数が多い!)

こちらでは、チョコレートドリンクやチョコスイーツの提供販売を行っています。

スイーツは70%カカオのものを使用し、甘さ控えめに仕上げているようです。
サンフランシスコで訪問した際には、甘いものが多い印象を受けましたが、日本の店舗ではより甘さを控えてチョコレート本来の味を出したメニューが提案されているようです。

表参道店の雰囲気は?

ダンデライオンで注文すると、お店のカウンターもしくは店の前のフリースペースでいただくことができます。
さすがは表参道で、おしゃれで洗練された雰囲気の中で過ごすことができます。

フリースペースに置かれているテーブルや椅子は売り物のようで、値札が付いています。
私が使わせてもらった椅子はなんと1脚32000円の高級家具でした!
どおりで座りごごちがいいと思ったw

DANDELIONの向かいにも、『HAY CAFE TOKYO』というカフェがあり、こちらのメニューもフリースペースでいただくことができるようです。
家具はこちらのカフェと同じ系列のHAYというブランドのもののようです。

パンナコッタがない!!

サンフランシスコで美味しいと感じたチョコレートパンナコッタは、表参道店でも提供がありませんでした( ;∀;)
サンフランシスコではフェリービルディングで取り扱いがなく、ミッション店のみの取り扱いだったので、日本でも店舗によっては提供があるのかもしれません。

チョコレートパフェの下の部分には、パンナコッタが使用されているようなので、どうしても食べたかったらパフェを頼むしかないようです!

ホットチョコレートを注文☆

実はサンフランシスコのお店でホットチョコレートを注文した際には、美味しかったものの甘すぎて飲みきれませんでした。
表参道店で店員さんにお話を伺ったところ、甘みは強くないとのことでしたので、『シングルオリジンホットチョコレート』を注文しました。

チョコレートドリンクは、『シングルオリジンホットチョコレート』と『フローズンチョコレート』がありますが、フローズンの方が甘さが強いそうです。

サンフランシスコでいただいたものと同じカップにホットチョコレートがいれられて提供されます。
見た目よりもたくさん入っており、飲みごたえがあります。

提供口にはマシュマロが置かれており、好みに合わせてチョコレートに入れて楽しむように言われます。
ふわふわで甘みがありますので、チョコレートによく合いますし、マシュマロを加えることで一つのスイーツとして完成します。

カカオが濃いチョコレートをそのままドリンクにした感じで、濃厚なチョコレートの香りとほんのりの甘みの後、苦みが残ります。
チョコレート好きの方には是非お勧めしたいです♪

注文したもの

シングルオリジンホットチョコレート(税込) 638円

関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。