こんにちは、Rinaです☆
今回は、『果実園リーベル 渋谷店』で期間限定の抹茶パンケーキを食べてきました☆

当初の予定では、『microcosmos』の抹茶パンケーキをいただく予定だったのですが、リサーチ不足により営業時間外だったので、急遽お店を変更することになりました。

新宿店と東京店は訪問したことがあったのですが、ヒカリエの渋谷店は初めてでした。
照明がイチゴモチーフで細かいところまでおしゃれです。

フルーツフレーバーの水が無料!

お店の中央部分にセルフサービスのドリンクスペースがあります。
紅茶とコーヒーはランチ注文者限定なのですが、フルーツの入った水は誰でも無料で飲み放題でした☆

オレンジとレモンの2種類の水が提供されています。
ウォーターサーバーの中の水は、果物の風味がしっかりついており、口内をすっきりさせることができます。

抹茶パンケーキもフルーツたっぷり!

気分は抹茶パンケーキ!だったので(いつもだけどw)、迷わず注文!
フルーツがたっぷりに、黒蜜、あんこ、ソフトクリームのトッピングがのったプレートがやってきました。

フルーツは桃、マンゴー、ブドウ、イチゴ、栗でした。
このマンゴーがとにかくおいしい!
私自身はマンゴーの臭みが苦手であまり好きではないのですが、癖のない甘みでおいしくいただけました。

桃、ブドウ、栗も本来の優しい甘みで舌ざわりがよいです。
イチゴはアメリカ産を使っている季節だからか、甘みが弱くて酸味が強く、冬の時期には劣る印象でした。

パンケーキの生地やクリームが甘さ控えめに作られているため、フルーツ本来の甘みを打ち消すことなく引き出していました♡

肝心の抹茶要素は・・・?

フルーツパンケーキとしては、満点のクオリティだったのですが、抹茶要素はどこ・・・?
パンケーキには少量の抹茶パウダーが振りかけられていますが、生地に練りこまれているわけではありません。

クリームは黄緑で抹茶成分が入っている・・・?と思われましたが、抹茶の風味は全く感じられません。
抹茶要素が少なすぎて、『抹茶パンケーキ』を名乗ることは厳しいのではないかと感じました。

抹茶スイーツなら、黄緑ではなく濃い緑になるくらいまで抹茶成分をふんだんに配合してほしいなー♡というのが個人的な意見です。
でもフルーツの長所を存分に生かすためには、このくらいの配合量がちょうどいいのかもしれません。

果実園リーベルではやっぱりフルーツメニューを頼もう!

果実園リーベルのスイーツは、フルーツが主役です。
『抹茶』というワードに期待するのではなく、フルーツを楽しむ気持ちで来店するのがいいと思います。

パフェもズコット(ケーキ)も彩鮮やかでインスタ映え間違いなしのメニューがそろっています。
抹茶は(非常に残念ながら)主役ではありません!

そして、意外だったのですが甘党でない友人が注文した『ワタリガニのトマトクリームパスタ』がイタリアンのお店に勝るレベルでした。

カニの風味、コクともにハイレベルで1180円+税でフルーツとサラダまでついてくるコスパの良さ・・・

思わぬ伏兵でした。

注文したもの&感想

季節の抹茶パンケーキ 1600円+税

抹茶感★☆☆☆☆
ビジュアル★★★☆☆
おいしさ★★★★★
再訪希望★★★★★

関連ランキング:フルーツパーラー | 渋谷駅神泉駅表参道駅

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。