こんにちは、抹茶大好きRinaです☆
今回は静岡県掛川市のカフェ『茶菓きみくら』へ行ってきました。

茶菓きみくらとは?

きみくらカフェと同じく、掛川の老舗茶屋の丸山製茶が経営するカフェです。

きみくらは漢字で表現すると『貴美蔵』となります。
一葉のお茶を作り上げる自然の営みや人の想い、技などの、貴く美しいものが集う蔵、という意味だそうです。

2009年のオープン以来、おいしいスイーツはもちろん、お茶文化を発信する場所として活動してきたお店です。

店内の雰囲気は?

きみくらカフェよりも高級感のある内装です。
1階が物販スペース、2階がカフェになっています。
山側の席からは、山を切り開いて作った日本庭園を楽しむことができます。

パフェやワッフル、サンドイッチなどの期間限定メニューが数多く提案され、きみくらカフェよりも豪華なスイーツをいただくことができます。
こちらはフルサービスのお店で、店員さんが席まで注文を取りに来て、料理も運んでくれます。

その分、値段はきみくらカフェに比べて若干高めです。
値段比較については、こちらの記事をご覧ください。

1席1席のスペースが広く、ゆったりとくつろぐことができます。

混雑していない場合には、店員さんが食器を片付けたり、様子を見にきたりすることもありませんので、食べたらすぐに出ていかなくてはいけない!という雰囲気は感じられません。
店員さんは皆さん、とてもフレンドリーで親切です。

平日限定!よくばり玄米抹茶漬け☆

茶菓きみくらの唯一のご飯メニューであり、平日10時半~14時の限定で提供されているのが、お茶づけです。
抹茶塩のおにぎりに玄米茶をかけていただきます。

玄米茶はおかわり用のお湯が用意されるので、ご飯にかけた後の2煎目以降も楽しむことができます。
抹茶の原料になる碾茶や漬物、鮭ほぐし、ワサビなどが添えられており、好みで加えることができます。

鮭はフレークではなく、本物をほぐしたもので、味わいがありました。
全体的に味が濃い目でしょっぱいけれど、出汁がしっかりしていてとても美味しかったです♡

抹茶クリームのフルーツサンド

私のお目当ては、きみくらカフェで食べられなかった抹茶とイチゴのサンドイッチです。

ホイップクリームかと思いきや、プリンのようなしっかりしたクリームでした。
クリーム単体でもスイーツとして成立してしまうのではないか、というレベルの高さです☆
抹茶の苦みと渋みがしっかりしています。

中に入っているイチゴがみずみずしく、酸味が爽やかで、よいアクセントになっています。
クリームがしっかりしている分、パンは軽めの食感です。

これはうまい!!

ラインでクーポンをもらおう!

席に置いてあるラインのQRコードを読み取ると、友達追加することができます。
友達に追加すると、1品10%クーポンとティ―バッグプレゼントクーポンをもらえました。

2名で訪問して2品注文していましたが、2人とも友達になったところ、2品とも10%オフにしてもらえました。
ティーバッグは2月限定のチョコレートフレーバーのティーバッグは終わってしまったそうですが、代わりに次の季節のものをいただけました。

気軽なカフェと、高級感ある茶菓

丸山製茶の展開している日本茶専門のお店は、きみくらカフェと茶菓きみくらの2店舗があります。
共通しているメニューもありますし、どちらも同じくらい美味しいです。

2店舗の大きな差は雰囲気だと感じました。

セルフサービスで気軽な雰囲気のきみくらカフェはファミリー向け、高級感のある茶菓きみくらは大人の女子会向きではないかと思います♪

注文したもの&感想

よくばり玄米抹茶漬け 1210円
抹茶クリームのフルーツサンド 860円
ラインクーポン1品10%引き×2人分 -207円
合計(税込) 1863円

抹茶度★★★★ー
甘みーー◎ーー
渋みーー◎ーー
ボリューム★★★★ー
抹茶メニューの多さ★★★★★

関連ランキング:日本茶専門店 | 掛川駅掛川市役所前駅西掛川駅

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、2か月でフォロワー500人増加の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。