こんにちは、Rinaです☆

先日エアアジアを使用した際に、クアラルンプール空港(KLIA2)で12時間の乗り換え時間がありました。
その際に、深夜から朝にかけての時間を空港内にあるホテル『sama・sama』で過ごしました。

有料ラウンジでの滞在とどちらがお得なのかを含めてレビューします!

KLIA2では深夜の時間帯に開いているお店がとても少ない!

今回、KLIA2では2時から14時までの待ち時間がありました。
乗り継ぎ便で入国することもできませんでしたので、出国後エリアで12時間を過ごすことになりました。

深夜の時間帯も明るさは保たれていたものの、ラウンジを含めて開いているお店はごく少数でした。

そのため、空港内のベンチなどフリースペースで過ごす方が見られました。
一定数の人はいるものの、空港自体が広いため密集しておらず、パーソナルスペースを守ることができそうな雰囲気でした。

ですが、深夜に慣れない国で若年の女性が1人で過ごすというのも不安でしたので、個室でくつろぐことのできるホテルを利用することにしました。

プライオリティパス定型のラウンジは深夜営業なし!

まず考えたのが、プライオリティパスを使用できるラウンジです。
KLIA2には4つの提携ラウンジがありますが、そのうち2つは出国前エリアにあるために、利用ができませんでした。

出国後エリアにも2つのラウンジがありますが、エリアの構成上入れるのはどちらか1つだけであり、今回利用できるものは朝7時からの営業でした。

深夜時間を過ごすために、プライオリティパスの活用をすることはできませんでした。

有料ラウンジとホテルの値段比較

前述のとおり、プライオリティパス提携ラウンジは深夜営業がありませんが、有料ラウンジは2つ営業していました。
ホテルの利用以外には、有料ラウンジの利用も検討したので、値段の比較をご紹介します。

施設名 最安パックの値段 1時間当たりの値段
(RM1=27円計算)
エアアジア プレミアム
レッド ラウンジ
RM85(3時間) RM28(756円)
samasamaラウンジ RM108(3時間) RM36(972円)
sama・sama express
スタンダードルーム(2名用)
RM291.5(6時間) RM49(1323円)

上記の値段は、予約をせずに飛び込みで訪問した場合のものです。

事前予約をすると、値段はまた変わってきます。
エアアジアのラウンジはサイトから事前予約をすることで、RM69で利用が可能です。
samasama expressは、ホテル予約サイトを利用することで、6時間6000円程度で滞在ができます。

施設名 最安パックの値段 1時間当たりの値段
(RM1=27円計算)
エアアジア プレミアム
レッド ラウンジ
RM69(3時間) RM23(621円)
samasama express
スタンダードルーム(2名用)
約6000円(6時間) 約1000円

samasama expressのスタンダードルームには、ベッドが2つ備え付けられており、2名で宿泊することができます。
料金は部屋当たりのものなので、2名で使用すれば1名当たりの値段は半額になり、1時間当たりの値段も約500円となり、どのラウンジよりもお得な値段となります。

2名以上であればホテルがお得!

上記の値段比較の通り、2人以上で利用するのであれば、ホテルで過ごすのが一番お得です。
6時間以上の長い乗り換え時間がある場合には、事前予約の上でこちらの利用をお勧めします。

マレーシアは物価が安いはずですが、やはり空港内値段で日本のホテルと比較しても割安感はありません。
ですが、長居待機時間を個室で安心して眠って過ごせる、と考えれば悪くない出費だと思います。

sama・sama expressの室内設備は?

samasamaの有料ラウンジの奥に、客室エリアがあります。
客室エリアの廊下は、宇宙船のような雰囲気でとてもシンプルです。

室内には、シャワーとトイレ、テレビ、ベッドが備え付けられていました。
ビジネスホテル並みの設備があり、広さは20平米くらいでしょうか。
休憩には十分な広さがありました。

samasama expressを利用してよかった点

①携帯の充電ができた

コンセントは室内に複数口完備されているので、携帯などの充電が可能です。
コンセントにスイッチがついているところが面白い特徴だと感じました。
あまり多くの国に行ったわけではないですが、スイッチのついた形状は初めて見ました。

日本のコンセントは刺さりますが、使用することはできませんでした。
マレーシアの変換プラグを持っておらず、困ってフロントに電話したところ、無料で貸し出しをしてくれました。

②トイレが綺麗

KLIA2の空港内のトイレは、1つ残らずすべての場所が水浸しで座ろうと思うものではありませんでした。
清掃直後のトイレですらそうだったので、清潔不潔とは関係なく、トイレの便座は水浸しなものなのだと思います。

和式トイレを使うような要領で、洋式トイレを空気椅子で使うしかありませんでした。
室内のトイレは濡れておらず、清掃が行き届いていて、便座にも座ることができたため、それだけで安心しました。

マレーシアでお腹を下さなくて本当に良かった。空気椅子では踏ん張れない。

③ベッドで寝ることができた

シャワーは有料ラウンジでも備え付けられているところはあります。
ですが、さすがにベッドとなるとホテルにしかありません。

周りに警戒する必要もなしに睡眠をとることができました。
お店の開いていない、深夜の時間帯を安心して過ごすことができたのは一番の利点でした。

乗り換え待ち時間にsamasama express利用はアリ!

今回samasama expressを利用してみて、その値段やサービスは価値のあるものだと感じました。
値段は決して安くないですが、利用してよかったと思っています!

2人以上で利用すれば、有料ラウンジよりも安いですし、お勧めです☆

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。