こんにちは、Rinaです☆

先日のサンフランシスコの往復によりANAのマイルがたまったので、ホテルの食事券に交換しました。
一流ホテルとして有名な『ペニンシュラ東京』に行ってきましたので、レビューします!

マイルをホテルランチに交換♪

ANAのマイルで交換できるものの中には、一流ホテルのお食事券があります。
対象のホテルは大阪のものが多く、東京で使えるものはペニンシュラ東京とシャングリラホテル東京の2つでした。

今回はペニンシュラ東京のランチに行ってきました。

ペニンシュラホテル東京とは?

香港、東京、バンコクの一等地に立っている一流ホテルです。
生演奏を楽しみながらのアフタヌーンティーが名物で、特に香港では平日でも行列ができています。

全ての客室がセミスイートルーム以上であり、世界でも最も豪華なホテルの1つです。
日本のペニンシュラホテルも1泊約7万円~となかなかのいいお値段です。

ザ・ロビーでランチ

ペニンシュラ東京1Fにある『ザ・ロビー』でランチを予約しました。
プリフィックスコースというランチのコースを無料(通常は1人前約6000円、クーポンサイトで3000円~)でいただくことができました。

メニューは以下の通りです。
前菜、メインともに好きな方を選択する形式でした。

ドリンク1杯(アルコール可)

前菜
・スモークサーモン 多彩なラディッシュと穀物のサラダディッシュ
・マッシュルームのクリームスープ

バゲット(好きな数をいただける)
・クルミパン
・ミルクパン
・フランスパン

メイン
・鮮魚のソテー
・パスタの町グラニャーノ製スパゲッティ

デザート
・フロマージュブランのパンナコッタ

紅茶又はコーヒー(おかわり可)

生演奏の流れる素敵な空間

ザ・ロビーを見下ろすバルコニーが左右にあり、左側からは楽器の生演奏が聞こえてきます。
この時はクリスマスシーズンでしたので、クリスマスにちなんだ名曲が演奏されていました。

ゆったりとリラックスさせてくれるBGMでした。

右側のバルコニーは半個室のような席で、ロビーを見下ろしながらアフタヌーンティーを楽しめるそうです。
豪華なシャンデリアと生演奏がラグジュアリーな空間を演出しており、セレブ気分を味わうことができます。

コースメニューの味は?

飲み物が1杯無料&パン食べ放題

アルコールも選択可能で、ビールとワインを案内されました。
自分はスパークリングワインを選択しました。
目の前でスタッフさんが淹れてくれました。

飲み物の次に運ばれてくるのが、バゲットです。
この日はクルミ、ミルク、フランスパンの3種類でした。

どのパンも温かい状態で提供されました。
クルミがぎっしり入っており、パン生地も柔らかく食べやすかったです。
ミルクパンもミルクの風味がしっかりしたふわふわの甘いパンでした。
バゲットは噛み応えがあり、表面はカリカリサクサク、中はもちもちでした。
かんでいるとどんどん甘みが出てきて美味しいパンでした。
個人的にはクルミのパンが最も美味しいと感じました。

前菜はサラダを選択

サラダはヨーグルトソースのせいか、酸味が効いていました。

しゃきしゃきのカブやプチプチのキヌアをはじめとした穀物の食感が楽しいサラダでした。
スモークサーモンがしっかりとした存在感を発揮しており、まとめられていました。

メインは魚料理を選択

鯛のソテーが提供されました。

表面がカリカリに焼かれており、中はしっとりに仕上がっていました。
なめらかなソースとクルミが効いた付け合わせが相性ばっちりでした。

友人が選択したパスタも1口いただいてみました。
トマトパスタはもちもちで、小さめのモッツアレラが美味しいです。
バゲットにパスタだと炭水化物だらけになってしまうのが瑕です。

デザートはパンナコッタ

パンナコッタはミルクの風味が強く香りました。
イチゴソースは甘すぎずすっぱすぎずのちょうどよいバランスに仕上げられていました。

くちどけなめらかで、サクサクのサブレと食感の相性がばっちりでした。
サブレはアーモンドの香りがしっかりしました。

マイルをためるとお得!

今回、ANAマイレージクラブに搭乗記録を登録するだけで、無料でラグジュアリーホテルでランチをいただくことができました。
マイレージクラブは年会費もいりませんし、ただただお得なので絶対に利用することをお勧めします♪

関連ランキング:洋食・欧風料理(その他) | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、2か月でフォロワー500人増加の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。