先日、ロサンゼルスのディズニーランドに行ってきました。
日本の東京ディズニーランドとは、どのように違うのか、ロサンゼルスにしかないアトラクションは何かまとめました。

ロサンゼルスのディズニーランドとは?

ディズニーランド・パークとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークの2つのパークと多くのお店が立ち並ぶダウンタウンディズニー、ディズニー直営ホテルから成る観光施設です。
ディズニーランド・パークは、世界中に存在するディズニーのテーマパークの中で、一番最初に開園した施設です。

ウォルト・ディズニーが2階に住んでたという、消防署も入り口すぐに見ることができます。

お城は東京のシンデレラ城とは異なり、眠れる森の美女のお城になっています。
エントランスからの雰囲気は、香港ディズニーにとても似ていると感じました。

東京ディズニーランドにないアトラクションは?

カリフォルニアのディズニーランド・パークには、約40個のアトラクションがあります。
2019年現在で、日本のディズニーリゾートにはないアトラクションは以下のとおりです。

Millennium Falcorr.Smugglers Run(ミレニアムファルコン号)
Casey Jr.Circus Train(カシージュニアのサーカストレイン)
Mr.Toad’s Wild Ride(トッドのワイルドライド)
Alice in Wonderland(不思議の国のアリス)
Matterhorn Bobsleds(マッターホルンボブスレー)
Storybook Land Canal Boats(ストーリーブック)
Star Wars Launch Bay(スターウォーズランチベイ)

今回、私はStarwars launch BayとMr.Toad’s Wild Rideを除く上記のアトラクションを体験してきましたので、概要をご紹介したいと思います。

Millennium Falcorr.Smugglers Run(ミレニアムファルコン号)

2019年にオープンしたばかりのスターウォーズエリアにあるアトラクションです。
ミレニアムファルコン号に乗って、実際に操縦を行うことができます。

待合の場所から高度に作りこまれており、スターウォーズの世界にきて、実際に宇宙船に乗り込んだかのようでした。
アトラクションももちろん臨場感たっぷりです。

壁についているスイッチが光ったら押すという簡単操作で、英語が怪しい私でも楽しむことができました。

敵船に攻撃を行うガンナー、壊れた宇宙船を修理するエンジニアなどいくつかの役割があります。
6人1組で乗り込むため、6人ちょうどのグループで訪れない限り、他のグループと同乗することが想定されます。

オープンしたばかりということで、とても混んでいるアトラクションでした。
スタンバイでの待ち時間は80分でしたが、シングルライダーを利用することで40分程度で乗ることができました。

Casey Jr.Circus Train(カシージュニアのサーカストレイン)

実写版ダンボの冒頭で出てきたサーカス列車のイメージのアトラクションです。

リズミカルで楽し気なBGMをかけながら、ストーリーブックのアトラクションの周りを駆け抜けます。
スピードもゆっくりで恐怖をあおるような暗いところもないので、家族連れに向いていると感じました。

乗り物は1グループに1つではなく、ざっくりとした人数で乗せられるので、入場する中で最後の方になってしまうと、グループ全員が同じライドに乗れない可能性があります。
早い者勝ちで早く入れるように努力することをお勧めします。

Alice in Wonderland(不思議の国のアリス)

不思議の国のアリスに出てきた芋虫に乗っていくアトラクションです。
東京ディズニーランドでいう、ピノキオやピーターパン、白雪姫と同じ種類のライドです。

不思議の国のアリスの物語をたどっていく内容になります。

Matterhorn Bobsleds(マッターホルンボブスレー)

3人乗り×2のボブスレーに乗って駆け降りるアトラクションです。
アメリカは日本よりジェットコースターが怖いと聞いていたので、内心ビビっていたのですが、とても絶叫系と呼べるものではありませんでした。

日本のスペースマウンテンよりずっと遅いですし、早くなったと思えばすぐにゆっくりになる絶叫のかけらもないジェットコースターでした。

トゥーンタウンの子供向けジェットコースター、ガジェットのコースターといい勝負だと思います。

Storybook Land Canal Boats(ストーリーブック)

ピノキオに出てくるクジラが目をひくアトラクションです。
ボートに乗り込んでゆったりと、ディズニーストーリーに登場する街のミニチュアを巡ります。

白雪姫の7人の小人のおうちからアナ雪のお城まで、懐かしい作品から最近の作品まで多くの世界が作られていました。
キャラクターはいませんが、お城をたくさん見ることができて、心が躍るアトラクションでした。

東京ディズニーランドと若干違いがあるもの

日本のディズニーランドと若干の違いがあるものの、おおむね同じアトラクションは以下のとおりです。

Sleeping Beauty Castle Walkthrough(眠れる森の美女のお城探索)
Astro Orbitor(アストロオービター)

Sleeping Beauty Castle Walkthrough(眠れる森の美女のお城探索)

東京ディズニーランドのフェアリーテイルの眠れる美女バージョンです。
お城の中に入って、眠れる森の美女のストーリーを追うことができます。

展示を見るアトラクションであり、ライドや仕掛けはありませんでした。

Astro Orbitor(アストロオービター)

東京ディズニーランドでは最近終了したスタージェットとほぼ同じアトラクションです。
ライドの真ん中のモチーフがスペースシャトルではなく、惑星になっています。

日本にはないアトラクションを楽しんで☆

カリフォルニアディズニーランドはおおむね東京ディズニーランドと同じですが、東京にはないアトラクションが複数存在します。
是非、東京にはないアトラクション、違いのあるアトラクションを楽しんでいただけたらと思います。

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。