日本でもコレクターがいるスターバックスカードですが、海外にも限定デザインがあることをご存知ですか?
メルカリなどのフリマサイトでも出品されているのを見かけます。

今回はアメリカでスターバックスカードをどのようにして買うことができるのか、値段についてお伝えします。

アメリカ限定のスターバックスカード

日本と同じように、アメリカのスターバックスでもレジ前にカードが並べられています。
地域限定や期間限定のものを含め、常時6種類ほどのカードがあります。

サンフランシスコでは値段も書いていないですし、フリーとも書いていない、周りのロコに聞いても誰も入手法を知らない、不思議な代物でした。

カード自体はフリー、最低チャージ額は$5

勇気を出してスターバックスの店員さんに尋ねてみると、カードは最低$5のチャージが必要ということが分かりました。
カード自体は値段がかかりませんので、$5を支払ってもそのままドリンク代として使用することができます。

日本では使用することができない

アメリカのスターバックスカードは、ドルのチャージのみなので日本で使用することができません。
もしアメリカで購入した場合には、使い切ってから持ち帰ることをお勧めします。

また、使い切った際にスターバックスカードが不要かどうかを聞かれます。
お土産に欲しい場合には、回収されないように気を付けてくださいね。

お土産としてもお勧め

アメリカのスターバックスカードは日本で使うことができないものの、多様なデザインがあります。
もし気に入るものがあれば、コストの少ないお土産としてもお勧めです。

もしギフトして持ち帰りたい旨を説明すると、ギフト用のカードケースをもらえますので、よかったら店員さんに聞いてみてください。

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、2か月でフォロワー500人増加の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。