こんにちは、抹茶大好きRinaです☆
京都の抹茶館でいただいた『抹茶ティラミス』が忘れられず、東京で同じものが食べられるという『やなぎ茶屋』へ行ってきました♪

やなぎ茶屋とは?

浅草仲見世通りから一本横に入った場所で営業している和カフェです。

『やなぎ茶屋』という名前で営業しているのは、こちらの店舗だけですが、『抹茶館』や『もみじ茶屋』と親会社が同じです。

詳しくは、抹茶館のレビュー記事をご覧ください♪

このため、こちらのお店でも有名な抹茶ティラミスをいただくことができます。
東京でもあの絶品ティラミスが食べれてうれしーい♡♡

森半ってナニモノ?

やなぎ茶屋でも、京都森半の抹茶を使用していることを大きく掲げていました。
そんなに森半ってすごいものなのか!?と疑問に思って調べてみました。

森半は天保7年(1836年)の江戸時代に創業した老舗のお店だそうです。
高品質なお茶を提供するのはもちろんのこと、時代に合わせて変化を受け入れ続け、現在は抹茶スイーツの通信販売も行っています。

2017年の東京商工リサーチによる調査では、会社の平均寿命は23.5年、新規に立ち上がった会社で10年後も生き残るのは5%と報告されています。
創業180年以上も続いているのは、凄まじいことです。

やなぎ茶屋の雰囲気は?

やなぎ茶屋の店内では、ファミレスのような気安さと和のおしゃれな雰囲気が共存しています。
若い女性客が目立ち、レンタルした着物で訪れる方もちらほら見られます。

入店時の席をとる前に、注文をするように言われます。
お会計のすぐ左側にはお冷、お渡し口、返却口があり、すべてセルフサービスになっています。
お会計時のレシートの下部分には番号がついており、できた番号から呼ばれます。

やなぎ茶屋の待ち時間は?

観光地浅草の話題のカフェなので、休憩目的に長居をする方はあまり見られませんでした。
皆さん食べ終わるとすぐに帰っていくため、滞在時間は30分~1時間以内の方がほとんどです。

2~4人席が18個ありますので、1時間で30人程度は入れ替わるのではないかと思われます。
回転率はそれなりによさそうに見えました!

抹茶ティラミスドリンクセットを注文

抹茶ティラミスのドリンクセットを注文しました。
セットドリンクとして選べるのは、抹茶またはほうじ茶、コーヒーでホットとアイスを選べます。

今回は抹茶のホットをお願いしました♪

注文してからわずか1分程度、席に荷物を置くとすぐに番号が呼ばれました。
提供が早い!!

お盆の上に抹茶ティラミスとホットの抹茶が載っています。

抹茶の提供は紙コップでした。

抹茶は泡がたてられていないので、消費期限はかなり早いはず!
過去の悲しい経験を生かして、持ち帰らず店内で飲み切りました!

抹茶共和国での悲しい事件はコチラから☆

そして、本命のティラミス!!!
これが食べたくて、抹茶館の東京の店舗を探し回ったんです!!

おいしいー!!これよ!これ!
この濃ゆくて甘いマスカルポーネが食べたくて・・・!!!
大満足でした。

テイクアウトの方もかなり多い

こちらのお店では、テイクアウトをされていく方もかなりの割合でいるようです。
テイクアウトできるのは、ドリンクとソフトクリームです。

現在もブーム継続中のタピオカドリンクはテイクアウトも可能です。
抹茶とほうじ茶の黒糖タピオカラテが買えますので、気になる方はどうぞ☆

やなぎ茶屋は、本格的な格式高いお店というより、誰でも気軽に和スイーツを味わえるお店です。
抹茶を片手に浅草散策をするのもオツではないでしょうか。

注文したもの&感想

抹茶ティラミスドリンクセット(税込) 1045円

京都よりも若干高い…東京の物価の高さよ…

抹茶度★ーーーー
甘みーー◎ーー
渋みー◎ーーー
ボリューム★★★ーー
抹茶メニューの多さ★★★ーー

関連ランキング:カフェ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。