こんにちは、抹茶大好きRinaです☆
今回は、浅草の泊まれる本屋『BOOK AND BED』で抹茶を食べつつ、宿泊してきました♪

BOOK AND BED TOKYOとは?

図書館のような雰囲気のラウンジがついた、カプセルホテルです。
宿泊でなくカフェとして利用する場合には、漫画喫茶のように時間単位で滞在費がかかります。

利用方法が少し変わっている施設です。
詳しくは前回訪問時の記事をご覧ください。

全国に6店舗を展開しており、浅草店では限定の抹茶メニューをいただくことができます。

BOOK AND BED 浅草店で食べられる抹茶メニュー

前回はゆっくりメニューをチェックすることができなかったのですが、今回はもうがっつりしっかり見てきました。
抹茶メニューは、以下の通りです。

・ブラック抹茶ラテ
・溢れるラテ(抹茶)
・溢れる抹茶ティラミス

つまり、現在の抹茶メニューは、ティラミスと抹茶ラテだけのようです。
ティラミスと抹茶ラテがセットになったお得なセットもあり、セットではどちらの抹茶ラテでも選ぶことができます。

以前は抹茶の小倉トーストもありましたが、メニュー改定でなくなってしまったそうです。
トーストは、その代わりにフルーツサンドやピザサンドができ、同時期にクリームソーダも誕生したそうです。

2020年3月現在のメニューは?

その時間によって提供されるメニューが変わるようです。
公式には情報がありませんが、まとめてみました。

BOOK AND BEDの朝食メニュー

朝食メニューは、おそらくチェックアウトの11時までのもので、トーストとドリンクのセットです。
どの組み合わせでも1200円で、トーストは2種類、ドリンクは7種類から選べます。

宿泊予約時に、朝食付きのプランを選ぶと、1200円よりもお得に食べることができます。
私が宿泊した日では、+800円程度で朝食の追加が可能でした。

トースト
・溢れるフルーツサンド(ストロベリー)
・溢れるサンド(ピザ)

ドリンク
・ドリップコーヒー
・カフェラテ
・ブラックアイスラテ
・アメリカーノ
・ティー
・ジンジャーエール
・オレンジジュース

BOOK AND BEDのカフェタイムメニュー

カフェタイムのメニューでは、1日の中で一番たくさんの種類のメニューを楽しむことができます。

カフェタイムとバータイムの切り替え時間について、スタッフさんに伺ったところ、明確に決まっているわけではないようです。

ドリンク
・ブラッククリームソーダ 700円
・ホワイトクリームソーダ 700円
・ブラック抹茶orほうじ茶ラテ(アイス) 670円
・溢れるラテ(ホット)抹茶orほうじ茶 670円
・ブラックアイスラテ 620円
・カフェラテ 510円
・アメリカーノ 510円
・ティー 510円
・ドリップコーヒー 200円
・ジンジャーエール 410円
・オレンジジュース 410円
・コーラ 410円

アルコール(13~18時はハッピーアワ―500円)
・ビール 800円
・カクテル 800円

フード
・溢れるサンド(ピザ) 670円
・溢れるフルーツサンド(ストロベリー) 670円
・溢れる抹茶ティラミス 670円
・プリン 700円

セット
溢れるサンドセット 1200円
プリン&クリームソーダ 1200円
抹茶セット 1200円

BOOK AND BEDのバーメニュー

バータイムのメニューは以下の通りです。
ラストオーダーは23時だそうです。

・ブラッククリームソーダ 700円
・ホワイトクリームソーダ 700円
・ブラック抹茶ラテ 670円
・ブラックほうじ茶ラテ 670円
・ティー 510円
・ジンジャーエール 410円
・オレンジジュース 410円
・コーラ 410円
・お水 160円

ブラック抹茶ラテと溢れる抹茶ラテの違いは?

メニューには、2つの抹茶ラテが記載されています。
これらの大きな違いは、ブラック抹茶ラテがアイス、溢れる抹茶ラテがホットということです。

これら2種類のラテは、和三盆糖で甘みがつけられています。
ホットの方には、蜂蜜がプラスで入っており、アイスよりも甘いそうです。

希望があれば、甘さ控えめや抜いてもらうこともできるようです。

ブラック抹茶ラテのお味は?

甘いラテが苦手なので、スタッフさんに相談して、蜂蜜を抜いてもらうことにしました。
蜂蜜を抜くことで、前回訪問時に飲んだ、溢れる抹茶ラテと同じ甘さだそうです。

蜂蜜抜きで作ってもらい、スタバのノンシロップの抹茶ティーラテと一緒くらいの甘さだと感じました。
冷めてくると甘さが際立ち、さらに甘く感じました。

抹茶の濃さは、タリーズの抹茶ラテよりも少し薄いくらいです。
抹茶の風味が弱いので、お砂糖を完全に抜いてしまうと、物足りない味になってしまいそうだと感じます。

甘味完全に抜きもできるようですが、ここの抹茶ラテは少し砂糖を入れた方が美味しいと思います。
和三盆なので、人工的な甘みではなく、優しい味わいです。

泡がしっかり立てられていて、口当たりはなめらかです。
竹炭がシャリシャリしていて新鮮です。

溢れる抹茶ティラミスのお味は?

抹茶ティラミスは、とても個性的なビジュアルで、あれ?なに頼んだんだっけ?と一瞬考えてしまいました(笑)
液体の中央に塊があり、その上にはクリームも乗っています。

この溢れている液体と上のクリームがマスカルポーネ、中央の塊がスポンジです。

ティラミス、、、めちゃくちゃうまい!
抹茶館や鈴鵠よりも、さらに液体感が増しています。

抹茶館のレビューはコチラから!

チーズって液体になってもうまいんだね…
海のようになっている液体マスカルポーネを、スポンジにたーっぷりつけていただくと絶品です。

しっかり甘みもありますが、しつこさや人工的な風味はない優しい味わいです。

BOOK AND BEDに宿泊してみた★

個室スペースの居心地は?

浅草店の宿泊スペースは、入り口逆側の白いのれんの奥と入り口側の本棚の合間のカーテンの奥でした。
本棚の合間のスペースの方では、カーテンの奥がすぐ宿泊スペースなのに対し、白いのれんの方はのれんの奥に本棚側と同じカーテンがついて居るため、より遮光性に優れているようでした。

膝立ちになると天井に頭が付きそうでしたが、普通に座っている分には高さは全く問題ありませんでした。
特に圧迫感も感じることはなかったです。

マットレスも普通で、特に寝心地の悪さは感じませんでした。

スペースの奥には、貴重品入れがあります。
照明は間接照明で、明るさをかなり細かく調整することができます。
照明のスイッチと一緒に、ミニサイズの換気扇のスイッチがあります。
空気がこもりやすいので、これはうれしい!

下の段の方が使いやすいかも!

BOOK AND BEDの浅草店の宿泊スペースは、上下2段になっています。
今回は上の段のスペースに案内されたのですが、はしごが入り口の絶妙な位置に固定されており、とても上りにくいです。
降りるときも少し怖かったので、はしごを登らないで済む下の段の方が、使いやすいのではないかと感じました。

※下の段は泊まっていないのでわかりませんが、もしかしたら上の段の音が響きやすいなどのデメリットがあるかもしれません。

当たり前のアレがない!

BOOK AND BEDでは、他のホテルでは当たり前の歯ブラシや、くしなどのアメニティ類がありません。
シャワールームに石鹸はあるのですが、大体のものは用意がないと思った方が良いです。

タオル、ドライヤーの用意はあります。
歯ブラシも有料で利用できるようです。

また、ベッドには自分でシーツと枕カバーをかけなくてはいけません。
翌朝にリネン類を剥がして、回収ボックスに入れます。
うーん、安いとはいえベッドメイキングは、最低限やってほしいなあ。

消灯時間あり

夜は気づいたら共有スペースの照明が暗めになっていました。
24時を目安に、共有スペースにいる人の様子を見ながら、明るさが控えめにされるようです。

本を読むには少し暗いため、眠っていなくても、皆さん個人スペースに戻っていたようです。
夜中には、共有スペースに人はいませんでした。

朝は7時50分に電気がつきました。
24~7時まではドライヤーの使用も禁止なので、それに合わせているのかな?と思います。

意外に静かでした

個人スペースと共用スペースの仕切りは、カーテンのみなので周りの音は聞こえやすくなっています。
そのため、耳栓を無料でもらうことができます。

ですが、あまり混雑していなかったことや、いびきをかいている人がいなかったこともあり、静かでした。
私が就寝した時間には、共有スペースで起きている人もいましたが、会話をする雰囲気ではなく、静かに本を読む雰囲気だったのでとても静かでした。

サンフランシスコで夜に歌ったり、楽器吹いたりする人がいたのがなつかしい(笑)

朝は目覚ましに気づかず眠り続ける方がいて、アラームが10分間ずっと鳴り続けていました。
スタッフさんも特に注意をしたりしてくれるわけではなかったので、1人うるさい人がいると悲劇になるだろうなあーと思います。

集中して作業をするのに最適でした☆

今回、BOOK AND BEDに宿泊して、たまっていた仕事を片付けました。
家にいるよりもはかどり、有意義な時間を過ごすことができました。

Wifiや電源が完備なので、環境を変えて仕事をしたいときにいい場所だと思いました♪

注文したもの&感想

抹茶セット(税込) 1200円

抹茶度★★ーーー
甘みーーー◎ー
渋みー◎ーーー
ボリューム★ーーーー
抹茶メニューの多さ★★ーーー

関連ランキング:その他 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅浅草駅(つくばEXP)

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、2か月でフォロワー500人増加の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。