こんにちは、抹茶大好きRinaです☆
今回は、ハーゲンダッツの食べ比べをしてみたいと思います。

35周年限定ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツでは、季節に合わせて期間限定フレーバーが販売されていますが、現在は35周年を記念して『翠 濃茶』が販売されています。
手摘みの初摘み茶葉のみをふんだんに使った贅沢なアイスクリームだそうです。

今回はこちらの翠とレギュラーフレーバーのグリーンティーの比較をしてみたいと思います。

パッケージの記載内容を比較

栄養成分の比較

まずは、翠とグリーンティーの成分から比較してみます。
1個当たりの内容量が、翠は100mL、グリーンティーは110mLと異なりますので、カップに記載されている栄養成分を同じ用量に換算しました。

表の内容は、内容量100mLあたりの成分量になります。

翠 濃茶 グリーンティー
カロリー 220kcal 217kcal
炭水化物 20.2g 19.6g
たん白質 4.2g 4.3g
脂質 13.6g 19.6g

栄養成分やカロリーにはほとんど差がないことが分かりました。

パッケージ記載を比較

アイスクリームの脂肪分の違いを以下の表にまとめました。

翠 濃茶 グリーンティー
無脂乳固形分 8.0% 9.0%
乳脂肪分 13.0% 13.5%
卵脂肪分 0.7% 0.8%

脂肪分にも大きな違いは見られませんでした。

また、原材料の含有量の順番は同じでした。
翠の方がたくさん抹茶を使っているのではないか、と予想はしていますが、含有量の順番を翻すほどではないようです。

味や見た目の差は?

アイスの色を比べてみると、翠の方が若干濃い緑色になっています。
濃茶ということで、もともとの抹茶味よりも濃い色を発揮していました☆

味の大きな差は後味にあります。
翠では、後から渋みが感じられるのに対し、グリーンティーでは感じられません。
翠の方も苦みはありませんので、大衆受けしやすい食べやすい味だと思います。

甘さやなめらかさには、ほとんど差がありません。
スプーンを入れた感触は、グリーンティーの方がやわらかい気がします。

翠はより濃厚な抹茶味!

ハーゲンダッツの35周年限定フレーバーの翠は、レギュラーフレーバーのグリーンティーに比べて、しっかりとした渋みがあり、強い抹茶の風味を楽しむことができます。
抹茶好きな方であれば、終了前に1度は絶対に食べていただきたいアイスクリームです!

そしてどちらを買おうか迷った場合、グリーンティーも美味しいですが、翠の一択ではないかと思います!

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、2か月でフォロワー500人増加の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。