こんにちは、Rinaです☆
今回もバリ島の外国人向けのおしゃれカフェについてお伝えします。

本格的なパンが目玉のお店、『Monsieur Spoon』です。

Monsieur Spoonとは?

フランス人の始めたクロワッサンの美味しいお店として有名なのが『Monsieur Spoon』です。
2012年に創業し、2019年12月現在はバリ島で7店舗が展開されています。

クロワッサン生地のパンが人気で、11時過ぎには半分以上のパンが売り切れてしまいます。
お目当ての種類のパンがあるのならば、9時前には訪問することが勧められます。

ショーケース内のスイーツも売り切れるのがとても早いので要注意です。
店内のカフェも利用できますが、パンをテイクアウトしていく方も多く見られます。

小腹が空いたときに、暑くて休憩したいときに、ラテとチョコクロワッサンを注文しました♪
バリ島にはコーヒーの美味しいカフェが多いですが、こちらのお店も文句なしにおいしいですよ☆
食あたりに遭った後のデリケートな時期にも、こちらのパンにお世話になりました。

冷房の効いたおしゃれな店内

店内は冷房が効いていて涼しく、無料Wifiを使うことができます。
他のおしゃれカフェと同様に、店員さんにパスワードを聞くシステムになっています。

PCをもって作業をしている方も多く見られました。
人気店ではありますが、満席にまではならずゆっくりできる雰囲気で、ノマドワーカーの仕事場所としてもいい環境だと思います。

『Monsieur Spoon Petitenget』にはテラス席があり、田んぼを見ながら食事をすることができます。
テラス席はとても人気のようです。
生まれたときから田んぼを見て育った自分としては、暑い中で田んぼをみて何が楽しいのか理解しかねます(笑)

カフェメニューも豊富

店頭で売っているパンを店内でいただくこともできますし、イートイン限定のカフェメニューを楽しむこともできます。
11時以降からしか注文できないメニューもあります。

私のお勧めはSuper Healthy Bowl(スーパーヘルシーボウル)です。
ドラゴンフルーツのスムージーの上にグラノーラやバナナ、イチゴなどの具材が乗っています。

ドラゴンフルーツは生食よりもスムージーにした方が美味しいと思います。
バリのスイーツは甘すぎ、フルーツは甘さがなさ過ぎと感じていましたが、こちらのスーパーヘルシーボウルは手軽に食べられる美味しいスイーツでした。

ココナッツスライスが石鹸かすのようで苦手なので、抜きで注文するのがお気に入りです。
ココナッツの代わりにリンゴが添えていただきました。

パンプキンスープは酸味が強く、日本のものとは味が違いすぎて食べられませんでした。
日本で嫌いなものがなくても、海外だと全く食べられないものもあるというのは新鮮な発見でした。

疲れたときの休憩にいかが?

Monsieur Spoonのいいところは、店舗数が多いということです。
バリの西側の地域で疲れた時、近所には必ずMonsieur Spoonがありますので、はずさない休憩場所として利用するのがおすすめです☆

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、2か月でフォロワー500人増加の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。