こんにちは、Rinaです☆
先日からインドネシアのバリ島に来ています。

ご飯を食べるのにも、遊ぶのにも必須なお金ですが、バリ島では両替、クレジットカード払い、キャッシングのどの方法が一番お得なのか検証してみました。

成田空港の両替所はレートが最悪!

前回サンフランシスコへ向かった際、日本円からアメリカドルへ両替をしました。
その際には1ドル110円程度でかえてもらうことができ、成田空港の両替のレートは高いと言われているけれど、実はとても良心的なんだと感じました。

そのため、今回インドネシアへ向かう際も何も考えずに成田空港で両替を行いました。

約1万円を両替して90万ルピアを手に入れました。
つまり、1円90ルピアくらいのレートでした。

あとからふとネットでルピアと円の換算を見てみると、、、1円129ルピア!
なんと、本来のレートよりも30%も低いものでした。
えーびっくり!!1万円が気付かぬ間に7000円になってしまっていました!大損です!!!

1つの通貨が良心的でも、他の通貨もそうとは限りません。
しっかりとレートをみて利用することが大事だとわかりました。

バリ島で支払いをする手段は?

バリ島で支払いをする手段として、現金、クレジットカード、デビットカードがあります。
デビットカードはクレジットカードと違って、利用の最低金額がなく使いやすいのですが、インドネシアの銀行を保有していないといけないため、旅行者にはハードルの高い方法です。

今回は現金両替とクレジットカード払い、クレジットカードからできるATMキャッシングについて検討してみました。

両替所を利用して現金払い

バリ島にある両替は、店によってレートが大きく異なります。
同じ通りで隣り合っているお店なのに、1円=100~130ルピアと大きく異なったレートを提示している場合があります。

両替所では、レートの看板はでているものの、交渉が可能なようです。
ただし、1円130ルピア超えなど、実際のレートよりも良い数値を付けているところで、看板通りの両替をしてくれることはありません。

数えた後に数枚をくすねられる手口が横行しているようです。
良心的な両替所を探す技術も必要なんだとか。

値引き交渉になれていない身としては、ハードルが高すぎる…

これは上級者向けのようです。
利用する前から諦めました(笑)

バリ島が初めての旅行者はなるべく利用しない方が良いと思いますし、どうしてもの場合には数えやすい金額で両替し、受け取った後にはしっかり枚数を数えましょう。

クレジットカードでキャッシングをして現金払い

VISAやMastercardなどメジャーなカードであれば、ATMからキャッシングも可能です。
キャッシングによって、クレジットカードからルピアを引き出すことができます。

ATMはショッピングモールの中やコンビニなどにあります。
スキミングの被害も少なくないそうなので、ICチップのついたカードで暗証番号を入力して下ろしましょう。

ATMはどこにでもありますが、引き出せる最大が50~100万ルピアと少ない金額になってしまうため、何度か下ろす必要があるのが難点です。

ATMから50万ルピアを引き出した際の請求額は3933円でした。
レートは1円127ルピア程度でまずまずで、成田のレートよりずっと良い条件です。

クレジットカードでキャッシュレス払い

日本でクレジットカードを使うように、バリ島でも一部のところではカード支払いが可能です。
ローカルのお店では使うことができませんが、外国人向けのカフェやレストラン、ショッピングモールでは問題なく使うことができます。

ただし、バリ島でクレジットカードを使用する際には最低金額が定められている場合があります。
大体10万ルピー(800円)以下では、クレジットカードが使えない場合が多いです。

クレジットカード払いの履歴を確認すると、キャッシングをしたのと同じ日で291200Rp=2285円でした。
1円127ルピアでキャッシング時のレートとほぼ同じでした。

クレジットカードの利用がお手軽でお得!

利用方法 成田で両替 バリ島で両替 ATM
キャッシング
クレジット
カード払い
レート
(ルピア/円)
90 100~130? 127 127

為替レートが1円130ルピアの時のそれぞれの換算が上記の表の通りになります。
レートの悪すぎる成田空港は論外として、実際行うハードルを考えると。クレジットカードを使ったキャッシングとカード払いがおすすめです。

外国人向けのお店では、クレジットカード払いの設備が整っていますので、なるべくクレジットカード払いにし、キャッシングでタクシーや少額の買い物のための現金を調達するとよいでしょう。

バリ旅行を楽しんで♡

せっかくならなるべくお得に旅行を楽しみたいものです。

お得なレートでルピアを手に入れて、観光を楽しんでくださいね♡

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。