抹茶大好きRinaです☆
現在、父の還暦のお祝いで伊勢神宮に来ています。

以前におはらい町でいただいた抹茶ソフトクリームが美味しかった記憶がありましたので、今回も食べました!
今回は2店舗食べ比べの記録です♡

特濃伊勢茶ソフトクリームvsお濃茶アイスの模様をお伝えします^^

1軒目:コロッケ道場

まずは1軒目でコロッケ道場です。

ソフトクリームのメニューが17種類もあり、抹茶関連の商品だけでも伊勢茶、特濃伊勢茶、伊勢茶小町と3種類もあります。
行列もできていたことから、美味しいお店なんだろうと期待が高まります!

写真から伊勢茶がスタンダードで、お茶シロップをかけたものが伊勢茶小町、それに抹茶パウダーをかけたものが特濃伊勢茶だろうと判断し、全部盛りっぽい『特濃伊勢茶』を注文!

注文を受けてからソフトクリームを作ってくれるのですが…
バイキングでよく見るソフトクリームを作る機械に、カップに入ったこれまたバイキングで取り放題のやつをセット。

期待が一気にしぼんでいきます…
ほら、見た目は量産品ぽいけどね、中身はちゃんと仕入れたものかもしれないし!と残った期待を振り絞って待ちます。

おじさま、ソフトクリームを絞るのとっても上手!
手際よくソフトクリームの形を作って、抹茶ソース、パウダーをトッピングしていきます。

抹茶ソフトクリームon抹茶ソースon抹茶パウダーで、素敵な抹茶全部盛りソフトクリームが出来上がりました。
抹茶映えー°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

食べやすいようにスプーンももらっていただきます!!!

一口、うへぇ・・・
シロップは人工甘味料の味で、一口目で既に降参。

シロップのかかっていない部分のアイスはマシだけど、砂糖がたくさん入っている味で抹茶の風味は完全に死んでいます。
作っていた見た目通りの安いバイキングクオリティのソフトクリームでした。

これじゃ帰れない!!!ということで、いらなくなったソフトクリームは同行していたお兄ちゃんに押し付けて、もう一店お口直しに行ってきます。
お兄ちゃんは抹茶アイス美味しいって。良かった良かった。

2軒目:寺子屋本舗

2件目は寺子屋本舗です。
こちらはおかきの専門店です。

お口直しに訪れたのは、昨年の伊勢神宮参拝時にも寄った寺子屋本舗の『お濃茶アイス』です。
ほんとは新規開拓したいところだけど、さっきはずしたばかりなので、一回食べたことのある安全牌をとりました。

こちらのアイスクリームメニューはお濃茶アイスのみ!
540円とお値段はほぼ同じです。

早速注文すると、目の前で絞ってくれます。
こちらもカップに入ったものを絞ってくれますが、先ほどのものとは違うカップだったので一安心。

手動で圧力をかけてソフトクリームを絞っていきます。
かなり力が必要なようで、ソフトクリームの見た目はかなりざらざらしています。

「アグレッシブな形になっちゃった(・ω<)テヘペロ」って渡されたものは、どう見ても緑色のう○こw
見た目の残念さにテンション下がりつつ、作り直してもらうわけにもいかないし、仕方ないよなーとあきらめていただきます。

ちなみに、ソフトクリームの成形が成功すると、こんな感じになります。

どっちにしろう○こシェイプだったw

特濃伊勢茶よりもソフトクリーム部分の緑色が鮮やかで、抹茶の濃い風味がいただけるのではないかと期待が高まります。

スプーンもらおうとしたら、こちらのお店にはないと言われてしまいました。
でもよくよく思い出せば、コロッケ道場でスプーンもらったんだった!

コロッケ道場行っておいてよかった^^

ワイルドにかぶりつくのはやめて、スプーンで上品にいただきます。
しっかりお茶の風味がして、気持ち悪い甘さはありません。

食べたかったのはこういうアイスだった…心地よい甘みと苦みにほっとしました。
見た目はぼこぼこしていますが、くちどけはなめらかで、舌触りもよいです。

今回はお兄ちゃんにおすそ分けするのも忘れて、全部自分で食べました。

関連ランキング:和菓子 | 五十鈴川駅

抹茶ソフトクリーム対決は寺子屋本舗の圧勝!

今回、おはらい町の2つのお店で抹茶ソフトクリームをいただきました。
抹茶の風味から言うと、寺子屋本舗の圧勝でした。

世の中には、カフェラテにガムシロップを複数個入れる人もいると聞くので、万人が同じ意見ではないでしょうが、抹茶好きには寺子屋本舗のお濃茶アイスを自信をもってお勧めします!

注文したもの&感想

コロッケ道場:特濃伊勢茶アイスクリーム 500円

抹茶感★☆☆☆☆
ビジュアル★★★★☆
おいしさ☆☆☆☆☆
再訪希望☆☆☆☆☆

寺子屋本舗:お濃茶アイス 540円

抹茶感★★★★★
ビジュアル★☆☆☆☆
おいしさ★★★★☆
再訪希望★★★★☆

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。