こんにちは、抹茶大好きRina(@matcha_love_trip)です☆
今回は東京赤坂に2021年7月31日にオープンしたカフェじゃいむに行ってきました。

JAIMEとは?

JAIMEは”ドラマチックでどこか懐かしいあなたにとって特別な場所”をコンセプトにした、東京赤坂にあるカフェ&バーです。
朝8時のモーニングの時間帯から利用できるのが魅力です。

以前、同じ場所に”CAFE SANS NOM”というカフェがありましたが、オーナーが変更になり、リニューアルオープンとなったそうです。
スタッフや内装に大きな変更はないものの、メニュー内容はガラッと変わっています。

お店正面には”CAFE SANS NOM”という名前も残っています。
店員さんに伺ったところによると、こちらの建物では歴代のお店の名前と看板を残しているのだとか!
近日中に”JAIME”も仲間入りするそうです。
前のお店の名前を大事にするって、その時の想い出も大事にしているようで、なんだかとっても素敵です。

カフェサンズノムでの想い出は、以下のリンクから覗いてみて下さい♪

JAIMEでいただける抹茶メニューは?

訪問時に確認できた抹茶のメニューは以下の通りです。

・抹茶ラテ 680円
・ジャイム抹茶ティラミス 720円

抹茶ティラミスは期間限定メニューのようで、訪問時には終了日未定でしたが、これから季節に合わせたティラミスに変更されるとのことでした。

J’aimeの店内の雰囲気は?

赤坂ジャイムは、カフェサンズノムの時とほとんど同じ!
キッチンやトイレの場所も変わりませんし、テーブルやチェアも同じもので、大きな茶色のソファも健在です!

入り口からみて左側の壁は植物がなくなってはいますが、変わらずおしゃれで思わず写真を撮りたくなってしまいます。

1人でも複数人でも利用しやすい雰囲気のあるお店です。
テラス席だけでなく、店内席もペットと一緒に利用することができるそうです。
ワンちゃん用のメニューも用意されているそうですよ。

抹茶ティラミスと抹茶ラテを注文!

今回注文したのは、もちろん抹茶づくし!
ジャイムの抹茶ティラミスと抹茶ラテの組み合わせです!

JAIME抹茶ティラミスのお味は?

ジャイム抹茶ティラミスは、ちょっと斬新なビジュアル!
大きな求肥がかぶせられており、その上から抹茶パウダーが振りかけられているんです!
ティラミスというよりも、クリーム大福という印象のスイーツです。

抹茶でJAIMEとお皿にデコレーションされていて、これまたおしゃれ!
ティラミスには、北海道根釧産の生乳から作られたマスカルポーネチーズと生クリームを使用しているそうです。

一番上の求肥は、お餅ほどじゃないけれど伸びーる!
切り分けるのは少々難易度が高いです。

内側のクリームは、ほんのり茶色に染まっていて深みのあるお味です。
半冷凍のような少しアイスに近い食感も感じられました。
甘さはしっかりあるのですが、オレオのようなビターな味があり、抹茶の香りと渋みも味を引き締めてくれるため、大人向けのスイーツに仕上がっています。

抹茶度★★★
甘みーー◎ーー
渋みーー◎ーー

抹茶ラテホットのお味は?

抹茶ラテは、美しいハートのラテアートがほどこされています。
カフェサンズノムの時はホットのラテがガラスコップでの提供でちょっと残念だったのですが、今回はしっかりマグカップで雰囲気もばっちり!
より美味しく感じられます。

抹茶の香りが感じられて、風味もバツグン!
別添えで砂糖がついてきますが、デフォルト状態では無糖なので抹茶の渋みをしっかり楽しめます。
温度が絶妙なのかミルクの香りや癖が少ないため、抹茶の味わいが生きているラテです。

抹茶度★★★★★
甘みー◎ーーー
渋みーーーー◎

リニューアル後も文句なしに映えるカフェ

JAIMEはリッチな街赤坂の裏路地に面したカフェです。
前のお店からのおしゃれな雰囲気は残しつつ、さらにインスタ映えするおしゃれメニューが増えています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JAIME Cafe&Bar(@jaime_cafe.et.bar)がシェアした投稿

特に店内で他の方が召し上がっていたアイスはとても華やかで、写真とは異なりますが、平たいお皿に横倒しにしたものはとんでもなく写真映えしていました。

オシャレな街のおしゃれなカフェでおしゃれなスイーツを召し上がってみては?

注文したもの&感想

抹茶ラテ 680円
JAIMEの抹茶ティラミス 720円

抹茶度★★★☆☆
甘みーー◎ーー
渋みーー◎ーー
ボリューム★★★☆☆
抹茶メニューの多さ★★☆☆☆

関連ランキング:カフェ | 赤坂駅六本木一丁目駅乃木坂駅

The following two tabs change content below.
抹茶スイーツオタク。 全国500店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、1年でフォロワー100倍の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。