こんにちは、Rinaです☆
今回は、「サンフランシスコ 抹茶」で検索すると、1番最初に出てくる『Stonemill Matcha』へ行ってきました。
本場の味と評判のお店ですが、抹茶loverの私も満足できるクオリティなのか調べてきました♪

Stonemill Matchaとは?

Stonemill Matchaは、2018年5月にオープンした日本人が経営しているカフェです。
京都の農園で作られた抹茶を使った本格的なお店とのことです。

ミッション地域のバレンシアストリート沿いにあり、とてもおしゃれな雰囲気です。
話題のカフェなのか、日曜日の17時ころに訪問したところ、店内はほぼ満席でレジで会計をするのに10分程度待たなくてはいけませんでした。

ショーケースには数々の抹茶スイーツ♡

さすがは抹茶専門店!
抹茶をメインにしたスイーツが多数あり、限りあるお腹の容量の中で何を選ぶべきなのか、とても悩みます。

心を鬼にして見た目から最も心惹かれたものを注文しました。

Matcharelli(抹茶のアマレッティ)

見た目から何なのかよくわからなかったのですが、安くて小さかったので注文しました(笑)
その後グーグル先生に聞いたところ、アマレッティ(Amaretti)というイタリア発祥の焼き菓子で、クッキーと似たようなものだそうです。(適当)

マカロンと製法が似ていると聞いたせいか、確かに食感も似ていました。
なんか少し歯にくっつく感じがする…

で、味がびっくりするぐらい変な味!笑
薬のような、中華系のスパイスの味のような…

一口食べてごめんなさい、という感じの味でした。

でも一緒に行ったアメリカ人の友達は、アマレッティが一番おいしいって言っていたので、アメリカでは受け入れられる味なのかもしれません。

Matcha Cream Pie(抹茶クリームパイ)

そのビジュアルから訪問前から絶対に食べたい!!と思っていたのが、こちらのクリームパイでした。
このパイはとにかく大きくて迫力があります。

クリームは抹茶と生クリームの2層になっています。
甘さは日本のコージーコーナーと同じくらいで、私の想像していたアメリカのケーキよりはずいぶん甘さ控えめでした。
欲を言えばもうちょい甘さ控えめだとなお良かったけど…(笑)

生クリームはふわふわで軽く、食べやすかったです。
抹茶のクリームは生クリームよりも少し粘性があり、生クリームやパイ生地とよく絡みました。

最後の方、パイ生地の側面を食べるのはミルフィーユを食べるくらい難しかったです。
見た目通りのボリュームと味で満足しました♡

Kyoto Matcha Cheesecake(抹茶チーズケーキ)

結果的に一番おいしいと感じたのは、抹茶のチーズケーキでした。
色合いからあまり抹茶の風味は強くないのではないかと思っていましたが、ちゃんと感じられました。
甘さ控えめで私の好みには一番合致しました。

舌触りはなめらかで丁寧に作られたのが分かります。

友人が食べてもいいよって言ったので、半分くらいは私が食べました。
代わりに前述のアマレッティをあげましたw

MATCHA LATTE(抹茶ラテ)

私はホットを選択しました。

ホットもアイスもビジュアルが素晴らしく、見た瞬間にカメラを構えるしかありませんでした。
まあ残念な見た目でも撮りますけれども(笑)

味は可もなく不可もなくでした。
少しスパイスの風味があるのが、気になってしまいました。

抹茶専門店の抹茶ラテではありますが、日本のスタバの抹茶ティーラテの方が私は好きでした。

日本とは違った味の抹茶でした

本格的な抹茶とのことでしたが、実際に食べてみると日本のものとはかなり異なるように感じました。
それでも、とてもおしゃれなカフェですし、行ってみる価値は十分にあると思います。

ケーキは大きくて、1切れ食べただけなのに、晩御飯はもう食べられませんでした。
日本のケーキは大体350kcalくらいだけど、いったいこれはどれくらいだったんだろう。
恐ろしすぎて考えたくありません。

晩御飯兼用と考えれば、かなりお値打ちなお店でした♡

一緒に行ってくれたアメリカ人に抹茶好きすぎて若干引かれたRinaでした(笑)
自分だって毎日のようにアイス食べない?って言うくせにさっ!

注文したもの&感想

Matcharelli 2.5ドル
Matcha Cream Pie 7ドル
Kyoto Matcha Cheesecake 7ドル
Matchalatte 5.5ドル×2
+チップ

抹茶感★★★☆☆
ビジュアル★★★★★
おいしさ★☆☆☆☆
再訪希望★☆☆☆☆

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。