こんにちは、抹茶大好きRinaです☆
今回は、ジュヴァンセル神宮前店に行ってきました♪

ジュヴァンセルとは?

和の素材を洋菓子に生かした、京都らしいスイーツのお店です。
2020年3月現在、京都で4店舗を展開し、祇園店と神宮前店ではスイーツのテイクアウト販売に加え、カフェも併設しています。

ジュヴァンセルとは、フランス語で乙女を意味しています。
お菓子の企画、製造、販売において、女性の柔らかな感性を大切にしているそうです。

神宮寺前店限定メニュー

ジュヴァンセルと言えば、写真の祇園店のフォンデュが有名ですが、神宮前店にも限定のシフォンケーキがあるんです!
今回はこちらのメニューをお目当てに訪問しました。

また、3日前までの予約が必要ですが、10時半~11時半限定でケーキバイキングもできるんだとか!
2200円で1時間食べ放題だそうです。

ジュバンセルのケーキは400~450円なので、5個目標ですね!
胃袋に自信がある方は是非♡

神宮寺前店の雰囲気は?

お店に入ると、ケーキの焼けるいい匂いに包まれます。
2人掛けのテーブルが8つ、窓に向かったカウンター席が5つありました。

祇園店はすごい行列ができますが、神宮寺前店は空いていて待つことなく入店できました。
(平日昼間に訪問したせいもあるかもしれません)

お目当て抹茶のシフォンケーキ!

今回の訪問のお目当ては、神宮前店限定の抹茶シフォンケーキです。
パンケーキのような見た目をしています。

シフォンケーキはお布団のようにふわふわです☆
直径はティーカップと同じくらいで、多すぎず食べやすい大きさです。

パンケーキと違って軽い食感なので、どんどん箸(ナイフ&フォーク)が進みます♪

フワフワの抹茶シフォンケーキの間に、生クリームとあんこがサンドされています。
上からは抹茶チョコレートのソースがかけられています。

ソースは不思議な味わいです。
抹茶もチョコも両方の主張がとても強いんです!
甘みも苦みも風味もすべてが強い!!

私はソースを少しにしていただきました♡

抹茶以外にも種々のスイーツを楽しめるお店

ジュヴァンセルに入ってすぐのショーケースには、種々のスイーツが陳列されています。
抹茶専門店というよりは街の洋菓子店だけど、京都だから抹茶も取り扱っている感じ。

抹茶のメニューが、そこまで多いわけではなく、和の素材を使った様々なスイーツをいただくことができます。
抹茶好きさんにも、そうでない方にも、両方にお勧めできるお店です!

注文したもの&感想

抹茶シフォンケーキ(ドリンク付) 1540円

抹茶度★★★★☆
甘みーーー◎ー
渋みーー◎ーー
ボリューム★★★☆☆
抹茶メニューの多さ★★☆☆☆

関連ランキング:カフェ | 東山駅三条京阪駅蹴上駅

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、2か月でフォロワー500人増加の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。