こんにちは、Rinaです☆
今回は静岡県浜松市のお店『お茶の間のおと』のご紹介です。

大通りから一本入った住宅街にひっそりとたたずんでいる隠れ家的お店です。

和と洋が混ざった素敵な雰囲気の店内

建物に入ったら、すぐに靴を脱いであがります。
おばあちゃんの家に来たような温かい雰囲気の中に、雑貨が数多く展示販売されています。
お茶グッズだけでなく、ハンドメイドのアクセサリーも販売されています。

和風と思いきや、解放感あふれるテラス席、暖炉など洋風の要素も詰まっているお店です。

お得な軽食セットを注文

お茶の間のおとは、豊富なドリンクメニューとスイーツメニュー、軽食メニューがあります。
これらのメニューからそれぞれ1つずつ選べるのが、お得な軽食セットです。

セットでなく選んだ場合と比べて、最大300円もお得になります。

今回は茶そば+ペア最中+八女茶(玉露)と、お茶漬け+濃茶ケーキ+森町のお茶(深蒸し)、茶そば+クリームケーキ+春野の香駿(浅蒸し)を注文しました。

軽食から茶そばとお茶漬けを注文

軽食には、茶そば、お茶漬け、サラダの3種類があります。
茶そばとお茶漬けはどちらも量が控えめで、男性の方が食事として召し上がるには足りなさそうかなという印象でした。
追加料金はかかるようですが、大盛りにすることもできるようです。

軽食には冷茶がついてきます。
注文したお茶と勘違いして、同行者と飲み比べを行い、味一緒じゃない?と混乱しました(笑)

のおとの茶そば

のおとの茶そばで特記すべきなのは、そのつけ汁です。
お醤油の色じゃないぞ?と思っていたら、抹茶が配合されていました。

お茶特有の渋さが茶そばとよく合っておいしいです。
抹茶は沈みやすいので、適度にかき混ぜながらいただくことが大事です。

ほうじ茶漬け

五穀米に鮭、ゴマ、昆布の佃煮、お茶の葉の佃煮が提供されます。
茶漬けにかける出汁にほうじ茶が配合されています。

自家製のお茶の葉の佃煮がしょっぱすぎず絶妙な塩梅でおいしいです。
お茶の葉の佃煮は初めて食べましたが、とてもおいしかったので家でも作れたらいいなーと感じました。
聞いたら作り方教えてくれないかな…?

お持ち帰り用のものも購入しました。

玉露、深蒸し、浅蒸しのお茶をそれぞれ注文

ドリンクメニューには、浅蒸し緑茶が8種類、深蒸し緑茶が7種類、紅茶が5種類、番茶が2種類、ほうじ茶、かぶせ茶、玉露、烏龍茶、発酵茶がそれぞれ1種類ずつありました。
県内産のお茶が数多く取り揃えられています。
ジャンルや好みを指定すると、店員さんがおすすめを教えてくれます。

福岡県 八女茶(玉露)

3種類の中で一番高級なお茶です。
店内で10g800円で販売されているそうです。

甘みとうまみが強く、癖の少ない飲みやすいお茶でした。
こちらで提供されていた玉露は、全国茶品評会玉露の部で農林水産大臣賞を受賞しているそうです。

静岡県 森町のお茶(深蒸し)

苦み、渋みの強いお茶でした。
幼い頃から自宅で飲んでいたお茶に一番近く、懐かしい気分になりました。
お茶を飲みなれていない方には飲みづらいかもしれません。

店内で20g550円で販売されていました。

静岡県 春野の香駿(浅蒸し)

香りが特徴的なお茶でした。
フルーツのような香りと酸味があり、今までに飲んだことのないお茶でした。

緑茶よりもハーブティに近いような風味でした。
店内で30g500円で販売されていました。
こちらで販売されているものは、全国茶品評会ハサミの部で3等を受賞しているそうです。

お茶によって適したお湯の温度が違う!

玉露ではぬるめの60~70℃、深蒸しのお茶では70~80℃、朝蒸しのお茶ではそれらの中間ぐらいの温度が最も適しているそうです。
おかわり用のお湯は、温度ごとに提供されました。

1杯目、2杯目、3杯目と風味が変わっていくので、1杯だけでなく、何度も楽しむのがおすすめです。
大体4~5杯目くらいまでは楽しめるそうです。

お茶スイーツを堪能♡

スイーツメニューは、上生菓子、クリームケーキ、濃茶ケーキ、最中、ブラマンジェ、最中アイスがありました。
ブラマンジェは固まるのを待っている途中で、いただくことができませんでした。

のおとのほうじ茶スポンジと和三盆のクリーム

ロールケーキ生地がしっとりしており、舌触りが抜群に良い一品でした。
生地そのものにも優しい甘みがありますが、ほうじ茶パウダーや中身のクリームと一緒に食べることで、さらにおいしくいただけます。

ペア最中

ふたくち程度で食べられる小さい最中2つが提供されます。
1つは粒あん、もう1つは抹茶あんが入っています。

最中は歯にくっついて不快なイメージがありましたが、こちらのものはパリパリ食感でおいしかったです。

濃茶のけーき

濃茶のケーキはパウンドケーキでした。
抹茶ソースが上から追加でかけられており、濃厚な抹茶の風味を楽しめます。

パウンドケーキなので仕方がないのですが、パサパサ感が強かったのが少し残念でした。

季節ごとに限定メニューやイベントの開催も!

季節限定のメニューやキャンペーン、イベントの案内もされていました。
個人的には、11月限定の抹茶づくしパフェにとてもとても心惹かれます。

注文したもの&感想

軽食セット 1500円×3人前

抹茶感★★★★☆
ビジュアル★★★★☆
おいしさ★★★★★
再訪希望★★★★☆

関連ランキング:日本茶専門店 | 積志駅さぎの宮駅遠州西ケ崎駅

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。