こんにちは、抹茶大好きRina(@matcha_love_trip)です☆
今回は、吉祥寺にある抹茶専門店のCapoonに行ってきました。

抹茶製造所Capoonとは?

吉祥寺の中道通にオープンした抹茶を専門に提供するカフェです。
以前も吉祥寺に店舗があったそうですが、約1年間の準備期間を経て、2020年7月に移転&新規オープンしました。

抹茶製造所という名前の通り、店内で抹茶を製造しています。
その時に一番おいしいものを提供するため、ブレンドの内容は日々移り変わっているそうです。

栄養価が高く、劣化していない世界一新鮮な抹茶を届けることにこだわっています。

カプーンこだわりの抹茶ラテ

カプーンでは、茶道で言うお抹茶を楽しむというよりも、ラテにした時においしいものを提案しているそうです。
その心はレジ横の物販スペースにも表れていて、ただの抹茶パウダーではなく、ミルク専用抹茶パウダーが販売されています。

抹茶ラテに使用するのは、お上品な最高品質の抹茶よりも、少しえぐみのある品種の方が合うと考えているようで、そのまま飲むよりもミルクと合わせることで一番おいしくいただけるものを販売しています。
ご店主自ら、碾茶のテイスティングをして、抹茶のブレンドを行っているそうです。

抹茶製造所の店内の様子は?

お店に入ってすぐに目につくのは、抹茶を挽いている石臼です。
電動の石臼が抹茶を挽き続けており、挽き立てのものをいただくことができます。

2人かけの小さなテーブル席が複数用意されています。
お店の入り口が広く開いているため、風通しはよさそうです。

近隣の方はテイクアウトでも利用するそうで、イートイン以外の利用の方もちらほら見られました。

抹茶ラテを注文!

こちらのカフェの看板メニューである抹茶ラテを注文しました。
コーヒーのように日常的に飲まれる選択肢になりたい、との想いがあるそうで、毎日でも購入できるよう1杯のお値段は他のカフェの抹茶ラテより安めの500円に設定されています。

日常遣いするなら、500円がボーダーラインかなっていうのは賛成!
東京では抹茶ラテが700円以上するカフェも多いですが、この数百円の差が毎日になると厳しいと思います。

抹茶ラテは、緑色と白色のコントラストがとても美しいです。
混ぜる前にいただいても、牛乳がしっかり美味しいです。

白色に比較して緑色の体積が少なそう?思ったのですが、全然そんなことはありません。
香り、味ともに抹茶の風味は濃くて、渋みとミルクの甘みのバランスが最高です。
甘さなしで注文しましたが、抹茶の旨味がしっかり感じられるため、砂糖なしでも十分においしいです。

これは美味しい!!!
ここ最近で一番おいしい抹茶ラテでした。

ダブル抹茶のジェラートのお味は?

抹茶ラテと一緒にジェラートも注文しました。
コチラは、抹茶アイスにお濃茶がかけられたアフォガードです!

抹茶アイスに濃い抹茶をかけると、抹茶が濃くなりすぎてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、こちらのものはそうではないんです!
アイスはクリーミーで程よい甘さがあるため、渋みがしっかりあるお濃茶ととても良いバランスなんです!

濃い抹茶アイスにお濃茶だとえぐみが強くなりすぎますが、こちらのものは甘さと渋みのバランスが絶妙で美味しいです。
抹茶アイスが溶けて、お濃茶と混ざると程よい甘さ、渋みの液体になるため、最後の1滴まで美味しくいただけます。

珍しい抹茶トーストも!

抹茶製造所Capoonでは、ココナッツミルクをベースにしたオリジナル抹茶ジャムを使用したトーストもいただけます。
抹茶のトーストメニューはなかなかないので、こちらで試してみてはいかがでしょう?
私も次回は挑戦してみたいです。

こちらのトーストは、テレビのトースト特集でも取り上げられたそうです。(2020年8月10日放映予定だとか)

抹茶好きに自信をもってお勧めしたい!

こちらの抹茶ラテは、本当においしいです!
抹茶好きさんにも、満足してもらえる味ではないかと思いますので、自信をもってお勧めします!
抹茶メニューが豊富なので、何度も訪れたくなってしまうお店ではないかと思います。

お近くの方、コーヒーの代わりに抹茶ブレイクはいかがでしょうか?

注文したもの&感想

挽き立て抹茶ラテ 500円
ダブル抹茶のジェラート 550円

抹茶度★★★★★
甘みーー◎ーー
渋みーー◎ーー
ボリューム★★☆☆☆
抹茶メニューの多さ★★★★☆

関連ランキング:カフェ | 吉祥寺駅

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、半年でフォロワー20倍の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。