こんにちは、抹茶大好きRina(@matcha_love_trip)です☆
今回は自由が丘にある甘味処古桑庵のご紹介です。

古桑庵(こそうあん)とは?

古桑庵は、自由が丘駅から徒歩7分のところにある日本家屋を利用したお茶室です。
夏目漱石の長女の婿である小説家、松岡譲さんが名付けたそうです。

お茶室には名前の通り桑の古材が使用されています。
昭和29年に完成して以来、オーナー家族が利用していましたが、平成11年に茶房ギャラリーとして誰でも利用できるようになりました。

令和になった現在は、カフェとして立ち寄るのはもちろん、貸しスペースとして和室やギャラリーの利用も可能です。

甘味処古桑庵でいただける抹茶メニューは?

古桑庵で確認できた抹茶のメニューは以下の通りです。

・抹茶 900円
・抹茶オーレ 900円
・抹茶フロート 1000円
・古桑庵風抹茶白玉ぜんざい 1000円

ドリンクメニューには季節替わりのお菓子、スイーツメニューにはお茶がついてきます。

古桑庵の店内の雰囲気は?

古桑庵は、純和風の建物を利用した甘味処です。
入り口で靴を脱いで店内に入ると、庭を臨むお座敷席があります。
庭園には井戸や灯籠があり、違う時代に迷い込んだような錯覚を感じられます。

オシャレで洗練されて異国感のある自由が丘とは異なる、和の雰囲気で満たされた空間です。
田舎のおばあちゃんのおうちに来たような、どこか懐かしい気分を楽しめます。

抹茶オレとぜんざいを注文!

今回注文したのは、抹茶オーレと抹茶ぜんざいです。
古桑庵のメニューはどれも、ドリンクとスイーツがセットになっており、両方のメニューを注文する必要はありません。
2名で訪問したため、1つずつメニューを選びました。

ホット抹茶オーレのお味は?

ホットの抹茶オーレは、ふわふわに泡が立ったミルクが可愛いビジュアル。
足跡のように緑の抹茶の模様が描かれています。
一般的な抹茶ラテよりも、泡がたっぷりたてられています。

提供温度が高いため、ミルクの香りや甘みが強く感じられます。
シロップなどは加えられておらず、ミルクの自然な甘味と抹茶の渋みが楽しめます。

抹茶オレには、和菓子やフルーツなど季節に合わせた甘味がついてきます。
この日は自家製葛餅が提供されました。
飲み物と一緒にちょっとだけ甘いものが欲しい時に、嬉しいサイズ感でした。

抹茶度★★★★★
甘みーー◎ーー
渋みーーー◎ー

古桑庵風抹茶白玉ぜんざいのお味は?

抹茶白玉ぜんざいは、お薄茶の中に白玉と餡子が入った和スイーツです。
白玉はモチモチ伸び感があり、お餅のように食べ応えがあります。

あんこは時間の経過とともに、お抹茶にだんだん溶けていきます。
一般的なお薄茶が苦くて苦手という方でも、あんこが溶けた後のものであれば飲みやすいと思います!

ほうじ茶と口直しの塩昆布も付いてきます。

抹茶度★★★★★
甘みーー◎ーー
渋みーーー◎ー

自由が丘で落ち着いた時間を過ごせます

古桑庵は自由が丘とは思えないほど、古風で落ち着いた雰囲気があります。
日本人であれば、どこか懐かしい雰囲気に心安らぐでしょうし、外国出身の方であれば、古きよき日本を堪能できるでしょう。

若い方も年配の方も利用しやすいお店です。

注文したもの&感想

抹茶オーレ 900円
古桑庵風抹茶白玉ぜんざい 1000円

抹茶度★★★★★
甘みーー◎ーー
渋みーーー◎ー
ボリューム★★☆☆☆
抹茶メニューの多さ★★★☆☆

関連ランキング:甘味処 | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

The following two tabs change content below.
抹茶スイーツオタク。 全国500店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、1年でフォロワー100倍の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。