こんにちは、抹茶大好きRina(@matcha_love_trip)です☆
今回は、浜離宮庭園内にあるお茶屋さん『中島の御茶屋』へ行ってきました。

中島の御茶屋とは?

汐留エリアにある浜離宮恩賜庭園内の池の1つ、潮入の池の中央にある休憩所です。
浜離宮の敷地内には、複数の御茶屋がありますが、現在休憩所として利用されているのは、こちらの施設のみとなっています。

江戸幕府6代将軍の徳川家宣が建てた建築物で、『狎鴎亭(こうおうてい)』とも呼ばれていたそうです。
室内からの眺めが最も素晴らしく、立派なお茶屋です。

御茶屋は茶室とは異なり、将軍の接待や休憩場所として建てられた建物のことを指すそうです。

浜離宮恩賜庭園とは?

江戸時代に将軍家の鷹狩場として利用され、その後皇室の離宮として利用されてきましたが、終戦後に東京都の管理となり、現在まで有料公開されています。
現在でも小覗や大覗など、当時の鷹狩の雰囲気を残す施設が残っています。

中島のお茶屋でいただける抹茶メニューは?

2020年10月現在、いただけるメニューは、お薄茶と和菓子のセットとなっていました。

・季節の和菓子とお薄茶のセット 850円
・アマビエ饅頭とお薄茶のセット 850円

現在の社会情勢を鑑みて、疫病退散の妖怪『アマビエ』型の和菓子が登場していました。
gotoキャンペーンの地域クーポンが使えることもあり、たくさんの方が訪れていました。

中島の御茶屋の店内の雰囲気は?

浜離宮の休憩所『中島の御茶屋』には、店内席とテラス席があります。
入り口で靴を脱ぎ、テラス席に行く際にはスリッパを利用します。

360度池に囲まれており、テラス席ではビルや木々が池に写る風景も楽しめます。
店内席はテーブル席と座敷があります。
1グループあたりのスペースが広くとられており、ゆったり過ごすことができます。

お薄茶と和菓子のセットを注文!

今回はアマビエと季節の和菓子両方のセットをいただいてみました。
綺麗な泡が立てられたお薄茶とともに、和菓子が提供されます。

季節の和菓子はもみじの練り切り、アマビエはお饅頭でした。
どちらも優しい甘みでお薄茶との相性が抜群です。

お薄茶は抹茶の香りが豊かで、渋みと旨みを楽しめます。
お菓子と合わせれば、誰でも美味しくいただける、濃厚すぎないお茶です。

目も舌も大満足な休憩場所

浜離宮内にある中島茶屋は、何よりその景色が素晴らしいの一言です。
和菓子もとても美しく作られていますし、その甘みと抹茶の渋みのバランスが最高です。

浜離宮庭園の散策の際には、お茶屋さんにも立ち寄ってみては?

注文したもの&感想

季節の和菓子とお薄茶のセット 850円
アマビエ饅頭とお薄茶のセット 850円

抹茶度★★★★★
甘みーー◎ーー
渋みーーー◎ー
ボリューム★★☆☆☆
抹茶メニューの多さ★☆☆☆☆

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 竹芝駅汐留駅浜松町駅

The following two tabs change content below.

rina

抹茶スイーツオタク。 3か月で全国100店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、半年でフォロワー20倍の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。