こんにちは、Rinaです☆

ティファニーと言えば、世界五大ジュエラーに名を連ねる高級ブランドです。
私は、社会人になってから仕事を頑張ったなど、節目で自分にプレゼントしています。

同じものを買うなら、できるだけ安く手に入れたいですよね?
アメリカでティファニーのジュエリーは安く買えるのかどうか、日本と比べてお得なのかどうかについて調べてきました。

ビバリーヒルズのティファニーを訪問☆

ビバリーヒルズで一番有名なスポット、ロデオドライブの一角にティファニーはあります。
2階建てで、1階はお手軽なシルバーアクセサリーから数十万円のゴールドアクセサリーを、2階ではマリッジリングや桁違いの高価なジュエリーを取り扱っています。

ビバリーヒルズであっても、手に届く商品があって安心しました。

日本人スタッフはいませんでしたが、少し日本語の通じる店員さんがいました。
休日には日本人客が訪れることもあるようで、日本語対応にも慣れているため、英語が話せなくても買い物には困らなさそうです。

※店内の写真を撮るのは忘れたので、こちらはサンフランシスコのウェストフィールドセンターの中のティファニーの様子です(笑)

アメリカでは日本よりも安い値段設定

ほとんどの商品は、見えるところに値段が書いてありませんでしたが、値札が付いていたものや店員さんに聞いたものはすべて、Webページに書かれているものと同じでした。

ティファニーの公式Webページで、地域をアメリカに設定することで、アメリカ国内の値段を見ることができます。

最近私が購入したリングについて、アメリカ値段と日本値段を比較してみます。

最近私が日本で購入した『ティファニーT トゥルーナローリング』のアメリカ価格は$850です。
カリフォルニアの消費税は場所によって違いますが、大体9.5%であり、現在1ドル110円だと計算すると、購入に必要な金額は102,382円となります。

これに対して日本の値段は119900円で、消費税10%を加算すると131,890円となります。

約3万円も安くなり、これは20%以上もアメリカの方が安いお値段になります。

銀座の免税店で買えば日本でも安い!

定価を比較すると、確かにアメリカの方が安いのですが、私は実際にはもっと安い値段で購入しています。
銀座の三越の8階にティファニーの免税店があり、101300円で購入しているのです。

ティファニー本店と比べてしまうと小さな店ですが、空港の店舗よりは大きく、品ぞろえも豊富です。
公式のお店ですので、インターネット販売やオークションなどと異なり、偽物の心配をする必要もありません。

もちろん日本語も完璧に通じますので、相談をしながら購入するのも簡単です。

ですが、品ぞろえが良いとは言っても、やはりアメリカのお店と比べると少ないのが難点です。
まず銀座の免税店をチェックし、なければアメリカで購入するのが良いと思います。

銀座の免税店の利用の仕方

銀座の免税店は、成田もしくは羽田から出国予定のある人だけが利用可能です。
出国の1か月前から前日まで利用することができます。

購入した商品は、出国後に免税品受け取りカウンターで飛行機に乗る前に受け取ります。
万が一受け取りを忘れた場合には、クレジット決済がキャンセルされ、返品扱いになります。

免税店で購入ができるのは出国予定がある人だけですが、お店に入って見るだけならいつでも可能ですので、出国予定のある友人にお願いする際にも、自分で商品が見れてよいと思います。

ティファニーは購入後のアフターサービスも安心

数年前にオープンハートのフープピアスを購入した際、商品に初期不良がありました。
金属にわずかに細い部分があり、装着中に勝手に外れてしまうというものでした。

購入時の記録とともに銀座三越の免税店に持ち込んだところ、歩いて数分の銀座本店に連絡を行い、交換という運びににしていただけました。

また、購入後の洗浄はティファニー全店で受け付けてくれます。
シルバー製品は変色しやすいですが、いつでも何度でも手入れをしてくれるため、ジュエリーをいつも素敵な状態に保つことも可能です。

今回は何も買いませんでした

アメリカのティファニーと銀座の免税店の値段を比較し、大した差がありませんでしたので、今回は何も購入しませんでした。
現在虎視眈々と狙っている『ティファニー メトロリング』は、またいつかの節目で購入したいと思っています♡

店員さんに自分が身に着けているジュエリーを見せて、ティファニーが大好きなの!と伝えると、急に親切になって飲み物を出してくれました。

紙コップまでティファニーのものでかわいくて、何も買いませんでしたが、お土産にもらって帰りました♡

「ジュエリーは男性からいただくもの」という呪いを20代前半まで自身にかけていましたが、自分で購入するようになり、心がとても軽くなりました。
お気に入りのジュエリーを破局のたびに複雑な気分で眺めることはもうありません。

自分自身の頑張ってきた証として、見るたびに癒しを与えてくれる大切な存在です。

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。