こんにちは、Rinaです☆
今回は、先日90周年を迎えた1928年創業の老舗『茶のつたや』をご紹介しようと思います。

店舗内には、お茶を楽しむための食器や和雑貨、お菓子などたくさんの商品が陳列されています。
見ているだけで楽しくかわいい店内です。

あんみつやおしるこなど、抹茶を使った和スイーツを楽しむことができます。

白玉ぜんざいはミニ抹茶付きでお得☆

抹茶は単品で600円なのですが、白玉ぜんざいを頼むと850円で抹茶がついてきます。
初めての訪問では、このお得さにひかれて注文をしました☆

ほんのり温かい白玉につぶあんがたっぷり入ったぜんざいが出てきました。
白玉は食べ応えがありますし、あんこの優しい甘みに思わずほっとしてしまいます。

抹茶もミニサイズとは書かれていますが、ぜんざいと一緒に楽しむには十分な量でした。

抹茶フロートでソフトクリームを堪能

夏に訪問した際には、アイスが食べたい!ということで抹茶フロートを注文しました。
アイス抹茶の上に抹茶ソフトクリームがででーんとのっています。

ソフトクリームは舌触りがよく、量もなかなか多く、たっぷり楽しむことができます。
さすがは専門店というところか、甘みは強くなく、抹茶の風味が楽しめます。

下の方のアイス抹茶は、見た目からカップの半分程度入っているように見えますが、実際には氷に体積を占められていて少量です。
ソフトクリームを食べ終わって、いざドリンクへ!と思いきや、あれ?アイス抹茶はどこ行った?ともう水分はほとんど残っていませんでした。

もしかしたら氷とソフトクリームに冷やされて、シャーベット状になり、知らず知らずのうちに食べ終わっていたのかもしれません。
アイス抹茶として認識して楽しむことはできなかったので、フロートを注文する際には、主役はソフトクリームとあらかじめ心にとめていた方が無難です。

おまけのお菓子にも注目!

おかきやクッキーなど、小さいお菓子がお茶うけとしておまけでついてきます。
『抹茶道楽』という筒状のおせんべいの中に抹茶クリームが入ったお菓子が出てきたこともありました。

こちらのお菓子、京都旅行の際に自分用土産として購入したことがあり、懐かしい気分になりました。
思わぬところであたらしい抹茶菓子との出会いが生まれる可能性があります。

新年1月6日に訪問した際には、お土産として干支のパッケージのティーバッグをいただくこともありました。

老舗の個人店ならではのサービスがあふれていることも魅力の一つです。

注文したもの&感想

白玉ぜんざい 850円
抹茶フロート 650円

抹茶感★★★★★
ビジュアル★★★☆☆
おいしさ★★★★☆
再訪希望★★★★☆

関連ランキング:甘味処 | 高田馬場駅西早稲田駅面影橋駅

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。