こんにちは、Rinaです☆
先日、サンフランシスコ郊外にあるアップル本社に遊びに行ってきました。
そちらでiPadとapple pencilの素晴らしさに思わずほしくなってしまい、真剣に購入を検討しました。

アメリカの人たちには、日本よりもappleは安いはずだから買って帰ったら?と言われますが、それは本当なのか検証してみました。

※こちらのページでご紹介している値段は、2019年10月24日現在の調査によるものであり、価格の保証をするものではありません。
価格変更の可能性がありますので、あくまで参考程度に留めていただけるようにお願いいたします。

apple本社のvisitor centerを訪問

サンフランシスコから車で1時間ほど南に移動したところに、アップル本社はあります。
ビジターセンターがあり、誰でも見学が可能になっています。

ガラス張りで各国のアップルストアと同じ雰囲気ですが、本社付近の地形を見られる設備がある点、カフェが併設されている点が特徴です。

もちろんアップル製品を手に取って試すこともでき、日本のアップルストアよりもかなり空いていたことから、スタッフさんが丁寧に説明をしてくれました。

タブレット類には、アップルペンシルがセットで準備されていたのですが、それの使い心地が抜群でひきつけられてしまい、日本とアメリカの価格を比較することになりました。

iPad 10.2 第7世代 128GBの値段の差は?

2019年9月に発売されたばかりの最新のiPad(128GB-Wifi)の値段をまとめます。
iPad airやProと比べてお手頃ですし、感銘を受けたapple pencilやスマートキーボードにも対応しているところがポイントです。

日本(消費税10%込み) アメリカ($1=110円計算)
定価 49,280円 $429(47,190円)
→51,201円(消費税8.5%込)
Amazon 49,270円 $399(43,890円)
価格.com 45,500円 ×
コストコ 未調査 $399(43,890)
→47,620円(消費税8.5%込)

apple pencil 第1世代の値段の差は?

iPadの購入を検討したきっかけのアップルペンシルについても値段を比較してきました。

日本(消費税10%込み) アメリカ($1=110円計算)
定価 11,880円 $99(10,890円)
→11,815円(消費税8.5%込)
Amazon 11,443円 $94.88
価格.com 10,750円 ×

長期滞在ならAmazon、会員がいればコストコがお得

アメリカのAmazon.com、コストコでは、実際の定価よりも$30安い値段で売られていました。
アメリカ滞在中に、日本の値段よりもお得に、かつ偽物をつかまないように買うのであれば、この二択ではないかと思います。

Amazon.comを使うときの注意

Amazonは日本のものとアカウントが共通ではありません。
アメリカのアマゾンを利用する場合、新しくアカウントを作る必要があります。

もし2週間以内の短期滞在であればAmazonはお勧めできません。
日本のアマゾンを使っていると、1-2日ですぐに商品が届くイメージをお持ちだと思うのですが、アメリカの宅配事情は日本よりかなり悪いです。

Amazonプライム会員でない場合、到着までに10日以上かかることも普通ですので、短期の滞在であればお勧めできません。
日本のアマゾンアカウントとは異なりますので、日本でプライム会員だったとしてもその恩恵は得られません。

不在時に家の前に置いていく、隣の人に預けるなど日本ではない宅配の文化がありますので、この点にも注意が必要です。

コストコを使うときの注意

コストコの会員証は全世界共通です。
もし日本でコストコ会員になっていた場合、アメリカでも会員証を使うことができます。

またアメリカでは日本よりも店舗数が多く、スーパーとしても一般的なので、多くの方が会員証を持っています。
雰囲気は全く同じですが、日本よりも空いていて、ストレスなく買い物ができます。

もし現地に知り合いや友人がいれば、会員証を持っている可能性が高いですので、お願いしてみるのもいいと思います。

アメリカの宅急便事情を考えると、紛失の可能性も心配されますし、コストコでの購入の方が断然お勧めです。

今回はiPad 128GB-Wifiとapple pencil第1世代の購入を考えていましたが、コストコにはapple pencil第2世代のみで、第1世代の在庫はありませんでした。

約10種類のアップル製品が取り扱われていたものの、どの商品があるかはその時の運であり、いつも目当ての製品があるとは限りませんので、あったらいいな程度で考えておいた方がよさそうです。

急がないなら日本の特別セールを狙うのが得!

日本とアメリカのアップル製品の定価は、$1=約110円の現在はほとんど差がなく、楽天や電機量販店などでポイント還元があるのであれば、日本の方が安くなるものと思われます。
急ぎでないのならば、年始の初売りやお店個々の感謝セール、もしくは楽天などのポイント還元セールで購入するのが良いと思います。

Amazonやコストコを利用すれば、アメリカの方が多少安いとはいえ、半額や3割引きになるわけではなく、飛びつくほどの値段の差ではないように思います。
もし購入をまだ迷っているのであれば、日本に帰ってからゆっくり検討するのをお勧めします。

ティファニーの値段の比較も記事にしていますので、よろしければコチラもどうぞ!

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。