池袋にあるパンケーキの有名店、『雪ノ下』に行ってきました☆
本当は向原の『SOROR』に行く予定だったんだけどね、1時間半待ちを宣告されて諦めたの。

ふかふかのスフレパンケーキをレビューします!

雪ノ下とは?

パンケーキとかき氷がウリのカフェです。
パンケーキは北海道の四つ葉バターと静岡県のコケコッコー農場の卵を使用して、厚めの生地をふわふわに焼きあげます。
かき氷は水の氷を使用せず、原材料を仕込んだものを凍らせて削るという、こだわりたっぷりのお店です。

2019年12月現在、国内5店舗と香港に1店舗が展開されています。

池袋店内の雰囲気は?

店内にはステージと楽器の設備があり、コンサートやイベントが行えるような雰囲気になっています。
広々としたテーブル席が広がり、ゆったり休憩しやすいお店です。

2019年9月18日に移転したばかりのため、穴場になっているようで、混雑も見られませんでした。

抹茶のパンケーキを注文!

パンケーキのメニューはいくつかありますが、迷わずに抹茶のものを注文します。
パンケーキの焼き上がりには、20分程度時間が必要とのことでした。

しばらく待っていると、生地までしっかり緑色のパンケーキが運ばれてきました。
パンケーキが温かく、触れている部分が溶けてしまうためか、生クリームが滑り落ちて行ってしまいました。

切り分けて一口、、、

口に含んだ瞬間に抹茶の香りが広がります。
そして、ふかふかの食感を楽しんだ後には、さらに濃厚な抹茶の渋みと苦みが感じられます。
これは期待以上に本格的!

トッピングされている粒あんは2種類です。
粒の大きいものは黒豆で、ホクホクの食感を楽士むことができます。
小さい方が一般的な食感のあんこに近いですが、どちらもホクホク感があり、他ではなかなか味わえない味でした。

このように、豆の感じがしっかり残っているあんこは初めていただきました。
甘みが弱いので、物足りなく感じられる方もいるかもしれません。

生クリームはミルクのコクが濃厚で文句なしに美味しかったです。

パンケーキにかけるためのシロップは不思議な味でした。
特に甘いわけでもなく、若干の酸味があります。
これはかけない方が好きでした。

おまけ:バナナケーキ

店内が空いていたからか、サービスでバナナケーキをいただきました♡

ふわふわのパンケーキと違って、しっかりどっしりとした生地で食べ応えがあります。
ほんのり最後にバナナが香る程度なので、においもしつこくなく、食べやすかったです。

そして生クリームがたっぷりと載っていました。
抹茶パンケーキと一緒に食べるのに、生クリームがもっと欲しいなって思っていたのでグッドタイミングでした♡

注文したもの&感想

抹茶のパンケーキ(税込) 1000円

抹茶感★★★★★
ビジュアル★★★★☆
おいしさ★★★★★
再訪希望★★★★★

The following two tabs change content below.

rina

静岡県浜松市のお茶農家生まれ。 幼いころから自家製の煎茶を飲んで育つ。2017年に訪れた京都で、抹茶スイーツのおいしさに気づく。ただ緑色なだけではなく、本当においしい抹茶スイーツを広めるためにブログを運営中。