こんにちは、抹茶大好きRina(@matcha_love_trip)です☆
今回は京都の嵐山本線沿いにある抹茶スタンド@8108kyotoに行ってきました!

八十八良葉舎本店とは?

お店の名前は、『ハトヤリョウヨウシャ』と読みます。
(私はこのブログ記事を書くまで、ずっとヤトヤリョウヨウシャと読んでいました……)

2019年に京都嵐山にオープンした日本茶スタンドで、店主自ら産地を訪れて仕入れたシングルオリジンのお茶を販売しています。
京福電気鉄道嵐山線の車折神社駅すぐの場所にあります。

ハトヤリョウヨウシャでいただける抹茶メニューは?

八十八カフェでいただける抹茶のメニューは以下の通りです。

抹茶ラテ
・涼抹茶ラテ 1150円
・抹茶ラテ壱 550円
・抹茶ラテ弐 800円
・抹茶ラテ零 1200円

お抹茶
・抹茶焙煎 550円
・抹茶華 800円
・抹茶旨 800円
・抹茶本ず 1000円

・抹茶アフォガート 700円~
・特濃抹茶テリーヌ 3480円

抹茶ラテには、+250円で抹茶アイスを追加してフロートにすることができます。
以前はカットした抹茶テリーヌ(450円)や抹茶プリン(550円)の販売も行っていましたが、訪問日にはメニューが塗りつぶされていました。

特濃抹茶テリーヌは、2020年冬にリニューアルしており、とんでもない味わいに仕上がっています。
2020年春ごろに当ブログでご紹介したものとは、全くの別物になっています!
2020年版テリーヌのレビューは、以下のリンクからご覧ください。

もはやスイーツではなく抹茶の塊なので、コアな抹茶好きさん以外はご注意ください。

八十八良葉舎本店の店内の雰囲気は?

八十八良葉舎本店は、とても小さなお店のためにイートインスペースはありません。

お店の周りの路地に椅子やテーブルが用意されていて、そちらを利用することができます。
屋外なので気候の厳しい季節や、悪天候の日には利用が厳しくなります。

抹茶ラテ壱番に抹茶アイスを追加!抹茶フロートのお味は?

今回の訪問では、抹茶ラテの一番に抹茶アイスをトッピングしたものを購入しました!

抹茶ラテには壱、弐、零の3つのランクがあります。
訪問日の内容は、壱が宇治田原産のてんみょう品種をはじめとするブレンド抹茶、弐が城陽産の焙煎したさみどり品種、零が本ず栽培宇治産のあさひ品種でした。
自称抹茶好きとして最高品種を飲むべきだとは思いましたが、抹茶フロートに1000円以上を出す勇気がなく、最も安価な壱を選びました。(壱でもアイスを足すと一杯800円)

抹茶ラテは1杯ずつ目の前でたててくれます。
抹茶の緑色が驚くほど鮮やか!

一口飲んでみると、強烈な旨味が感じられます。
1杯に5gもの抹茶を使っているそうで、とても濃いのですが、苦みは全くありません。
お店の中では最もランクの低い壱番であっても、かなり高級なもののようです。

ラテに乗っているアイスは、抹茶ラテと同じ深い緑で、見た目からも濃いことが伝わります。
一口いただいてみると、超濃厚!!!
おそらく『ななや』の世界一濃い抹茶アイスと同じくらい濃いのではないかと思います。

一杯だけで十分に抹茶欲が満たされました。

本物の高品質抹茶を求める方にオススメ!

八十八良葉舎本店の抹茶ドリンクは、決してリーズナブルとは言えない値段設定になっています。
ですが、高品質の抹茶がふんだんに使われており、そのお値段に相応の商品が提供されます。

本格的な抹茶をいただきたいという、コアな抹茶好きさんにおすすめのお店です。
嵐電に乗って訪れてみては?

注文したもの&感想

抹茶ラテ壱 550円
抹茶アイス追加 +250円

抹茶度★★★★★
甘みー◎ーーー
渋みーーーー◎
ボリューム★☆☆☆☆
抹茶メニューの多さ★★☆☆☆

関連ランキング:日本茶専門店 | 車折神社駅鹿王院駅有栖川駅

The following two tabs change content below.
抹茶スイーツオタク。 全国500店舗以上の抹茶スイーツを食べ歩き、ブログを執筆中。 2020年から本格始動したインスタグラムは、1年でフォロワー100倍の急成長中。静岡県浜松市のお茶農家生まれで、幼いころから自家製の煎茶を飲んで育ち、生まれながらのお茶好きDNAを持つ。